So-net無料ブログ作成
検索選択

つれ…づれ? [独言]

いつも更新サボッていて申し訳ないです…[あせあせ(飛び散る汗)]

ゼミの発表が来週に迫っているのですが、今回はなぜか集中できず、
考察もあまり出来が良くありません…[ふらふら]
これから修正を加えながら発表に臨もうと思います。
しかし、「夕顔」の巻って難しい。

昨日は『愛と死をみつめて』を見ていました。
いまの作り方(例えば『余命一ヶ月の花嫁』等)を比較してしまうと、
むかしのシンプルかつ丁寧な描写で古き良き時代だなっと感心してしまう。
(ついで創価学会のことも触れていたので、ちょうどよい資料映像でもあった)
そして、親父は『美丘』を視聴中。

1011.jpg

あんまり頭をこき使うので、甘いものが無性に食べたくなりました。
サンクスのレアチーズクレープにマンゴーがかかったスイーツと、
カクテルを飲みまくって(おいおい)ストレス発散した後、
ふたたびレジュメ制作に取り掛かる。
そのぶん、雑になったような気もします。(苦笑)

そうそう、先日の火曜日は堀切橋の下で映画のロケがありました。
つくづくロケには(くされ?)縁がある暁です…。
先週でも文京区のとある場所で読モの撮影があったし、
日暮里付近でもたまにあるんですよねぇ。

ゼミが終わったら復活すると思います。
なかなか皆さまのブログにお伺い出来なくて申し訳ありません。

nice!(29)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

映画批評 その325 『ぼくのエリ 200歳の少女』 [批評-映画]

生きる事は、生やさしいものではない。

ぼくのエリ 200歳の少女 [DVD]

ぼくのエリ 200歳の少女 [DVD]

  • 出版社/メーカー: アミューズソフトエンタテインメント
  • メディア: DVD


登録情報
出演: カーレ・ヘーデブラント, リーナ・レアンデション
監督: トーマス・アルフレッドソン

商品の説明
内容紹介
2004年に発売されたスウェーデンのスティーヴン・キングこと、ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィストのベストセラー小説(『モールス』)を映画化した異色ラブストーリー。

孤独な少年が初めての恋に落ちた。
その相手の謎めいた少女は12歳のまま、
時を越えて生き続けるヴァンパイアだった。

世界中で大絶賛!
トライベッカ国際映画祭グランプリなど、世界中の60賞を獲得!
ヴァンパイア版「小さな恋のメロディ」北欧の国スウェーデンが生んだ
『ぼくのエリ 200歳の少女』は、まぎれもなく近年最も世界中を驚嘆させた映画の
ひとつに数えうる話題作である。トライ
ベッカ国際映画祭グランプリ、シッチェス国際映画祭金賞を始め、欧米&アジ
アを股にかけて実に60もの賞を獲得。さらにはハリウッドがすかさずリメイク
を決定。『クローバーフィールド HAKAISHA』のマットリーブス監督により2
010年全米公開された。幻想的なスウェーデンを舞台に、孤独な少年とヴァン
パイアという秘密をもつ少女が出会い、友情、愛とはなにかを問いかけ深い余
韻を残す、哀しく、切なく、怖ろしい、まったく新しいラブストーリー。

【ストーリー】
危ういほど美しい<目覚め>を見つめた血まみれのメルヘン

いじめられっこで繊細な12歳の少年オスカー。友達が欲しいという孤独な少
年の願いは、同じ12歳のエリが父親と共に隣の家に越してきた事で、とうとう
叶えられそうだ。しかし青ざめた顔をした少女の外出は夜だけ。キャンディも
食べられない。そしてエリが現れた頃と時を同じくして、街では不可解な失踪
や殺人が次々と起きはじめる…。

恐ろしい話が大好きで内向的なオスカーはエリがヴァンパイアだと気付く。1
2歳の体に永遠の命を閉じ込められたまま生きるエリは、常に旅をし続けなけ
ればならない。ふたりの幼い恋が終わるかに見えた時、オスカーに最大の悲劇
が襲いかかる。エリは彼女が出来る唯一の方法で彼を守るため、戻ってくる…

【スタッフ】
監督/ トーマス・アルフレッドソン
脚本/ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト
(「モールス」ハヤカワ文庫刊)
製作/ヨン・ノードリング&カール・モリンデル
制作/ フリーダ・アスプ
制作進行/ミア・エリクソン=デーゲルルンド
撮影/ ホイット・ヴァン・ホイットマ
編集/ディーノ・ヨンサーテル、トーマス・アルフレッドソン
美術/エヴァ・ノレーン
衣装&ヘアメイク/マリア・ストリード
作曲/ヨハン・ソーデルクヴィスト


【キャスト】
オスカー:カーレ・ヘーデブラント
エリ:リーナ・レアンデション
ホーカン:ペール・ラグナル
エリック:ヘンリック・ダール
イヴォンヌ:カーリン・ベリ

いま見終わりました。
スウェーデン映画ってことであり、なかなかの味のよい風情で余韻の響きが違いました。
英題では"Let the Right One in"と記されている。
これが本作品のミソで、生かされている自分たちには重いテーマでした。

これは、ただのヴァンパイア物や純愛物で一括りできるものではない。

そして、(ネットの評判通り)肝心なシーンにボカシが入り、
まったく意味が伝わらなかったのが残念。
どこそこの痴事や全国のPTAの影響なのでしょうかね…?
その暗い過去を引きずったままエリは生きていたのでしょうか。
それぞれの違った環境でも、同じ“孤独”を抱え、自己嫌悪に陥りながらも、
枠を超えて誰かとそれを共有する。
もう切ないんですよ。
ラストで最初のシーンと重なる所が(個人的ではあるが)、
それがそのままオスカーとエリの未来を映し出しているように思える。

だが、謎は謎のままでよいのだ。

これ程まで美しい(ヴァンパイア)映画に巡り合えたことに、感謝だ。
ありがとう!


評価は、120点!



P.S.プールのシーンは、久々に背筋が凍りましたよ。
ある意味で感心しました。

nice!(44)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

東京国立博物館 221 [東京国立博物館]

2696.jpg

2697.jpg

「雛祭り」 鈴木晴信 錦絵 江戸時代 18世紀
2700.jpg

「雛祭り」 筆者不詳 紅絵 江戸時代 18世紀
SANY2704.JPG


nice!(16)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

だらだらと [独言]

あと少しでゼミ発表だ…。
来週はレジュメ配布だし……。
まだまだ考察書いていないし………。


いろいろと山積みなんですが、それでもやらなくてはならない事がある。
先日、例の北千住で会った統一協会の人と電話で話をした。
内容は「今回の大震災について」のこと。
彼は「物が豊かになり過ぎた結果だろう」
と答える。
まさにその通りだ。
では、それで根本的な解決になるだろうか、と尋ねてみる。
すると、「よく分からない」と返ってきた。
話を変えて、今回の大震災は何か原因があると思いますか、と訊いてみた。
「それって何か関係があるんですか?」と答える。

どうやら、3か月前に話した事は忘れていたようだった。
もちろん、まだたったの30分しか会ってないのだから、無理もない。
(個人的には何を話していたかを覚えているが…)

物事には、必ず原因が生まれて結果がまとわり付く。
今回の大地震の遠因は、自民党政権において推し進めた神社等の支援復興と、
公明党の与党入りを許した事と、他ならぬ邪な宗教が日本に蔓延ったのがそれである。
人の心は一念三千を有し、その中に「国土世間」が含まれる。
つまり、普段の行いが自分たちの環境を、良くも悪くも変えていくのである。

統一協会も一般のキリスト教から見ても異端視されており、
内容も粗末で、煩悩の苦しみから救われる事はない。
彼自身はその統一教会の組織を疑っている。
が、それでも統一協会は正しいと思っている。
この矛盾は珍しいものではない。
ただ、宗教を「好き嫌い」で判別しているのではないかと、感じてしまう。
そこが日本人の悪い所であって、宗教法人が乱立する一因とも思っている。
(もっとも、宗教法人で免税等で金儲けをする狙いが大きいようだが…)

暁の場合、御経の書かれている事をもとに物事を判別している。
自分の考えなど、所詮は荒凡夫の考えであり、誤りが多いものである。
彼もまた、自分自身の考えをもとに行動している。
自分とは結局、自分の価値観しか認めない存在であり、
難しい事よりも楽な方へ考えてしまう傾向がある。

聖書に添って実行してしまえば、今では殺人罪で捕まり裁きを受ける。
(『旧約聖書』の「ヨシュア記」より 異民族は皆殺しにせよ等)
また聖書に在りもしない物を取り入れて実行するのも、
法律上で争いが生じる原因ともなりうる。
(例えば統一協会は合同結婚を行い、教義上は夫婦となる。
しかし、統一協会を脱会した女性が、執拗に男性(教義上の夫)に付きまとわれる事件があった)
キリストの言った事は良いのかもしれないが、
そのキリスト教の体質や偽善的な行為には感心しない。
今回のビンラディンが死に、アメリカ国民は狂喜乱舞して
「一つの戦い」が終わったかのように祝福を上げていた。
だが、原理主義と云うものは執念深く、報復を必ず挙行するであろう。
結局は、いくら指導者を殺したところで、根本的な解決にはならない。
そもそも1000年近くキリスト教とイスラム教が対峙し、
今になって手を取り合おうだなんてのは、ほぼ通用しない。
なぜなら、あまりにも時間が隔て過ぎて信頼関係が成り立ってないからだ。
上の者は既得権益をむさぼり、下の者は「英雄重視」で
ストーリー主義みたいなものを願っている。
ディズニーがビンラディン作戦に成功したグループを
商標登録を申請したニュースを聞いたときは、あまりにもバカバカしく思えた。
さすが偽善体質のディズニーだと頷いてしまったが…。
キリスト教は「愛」を説くが、その反対が「憎しみ」である。
まさに表裏一体で、敵対する者には激しい憎しみを(無意識に)覚える。

彼はこう切り返してきた。
「では、君は大震災復興のために何かをしましたか?」
最初は何気ない質問のように思えたが、
今になって愚問ではないかと感じるようになりつつある。
新潟中越地震で大きな被害を受けた山古志村の村長の言葉に、
「あなた方は平常通りに生活を営んで下さい」
と、東洋大学長に話していた事を思い出した。
ただ、今回は特殊で節電等の問題が生じたが、それでも通常通りに日々を送っている。
他にもいわき市産の物を買って食べたり、酒を飲んだりした。
石原都痴事の自粛発言は、学習能力が無いと言えるかもしれない。

そして、何よりも犠牲者への追善供養が最も大事ではなかったか。
また、祈りを捧げると言い変えるかもしれない。
人間であれば最低限できるはずの行為だ。

そして、生きとし生ける私たちは、宗教について深く考えるべきではないか。
今までいい加減に考えてきた事を改めて、
宗教がなぜ発生して、こんなにも多くの宗教法人が出来てしまったのか、
又その中で一番崇高な宗教はなんだろうか等を判別する力が必要ではないか。

まさに大きな転換期に来ているものと、私は考える次第である。
(ただ私たちが動かなければ、ずっと現状は変わらない)

そうこうしている内に30分が経ち、彼は嘲笑しつつも宗教の在り方について話し合った。
ただ、最後の一言が妙に引っかかる。
「一緒に頑張りましょう」
何に対してなのだろうか。
声の調子からは「宗教はどの道同じなんだから別に良いじゃん」みたいな感じであった。
そのような態度では、わたしは同意致しかねる。
宗教は人生の中で一番大きな影響を与え、幸も不幸も大きく左右されるからである。


nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

Cp.ジャック・スパロウに会えるまで、あと… [独言]

公開当初(中学時代)から、
目元ジャック・スパロウに似ているとよく言われる、暁です。(ビミョーかもしれませんが)

あと少しでカリビアン4が公開しますね[るんるん]
期待せずに見た方が無難でしょうか?
その前にゼミの発表を何とかしなくちゃ[あせあせ(飛び散る汗)]




新しく登場するアンジェリカの(たぶん登場するところ?)曲。
情熱的な感じが良いですね。

前3部作を踏襲しつつアレンジも良い感じですね。
さすがハンス・ジマーだと思う。

今回は軽みを感じますね。

今回の敵・黒髭の曲みたいですね。


やっぱり映画(に限らないが)は音楽も重要ですよね。

このシリーズだけは映画館に行ってるので、今年も行こうかな。
でも、誰かと一緒に見たいような…。

誰か誘ってみるか。

nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

映画批評 その324 『うた魂♪』 [批評-映画]

フルチンになれ!!???



登録情報
出演: 夏帆, ゴリ, 薬師丸ひろ子, 石黒英雄, 間 寛平
監督: 田中誠

商品の説明
内容紹介
泣いて、笑って、すごく楽しい♪
最高の合唱エンタテインメント遂にDVD化!
本編は5.1chDTS収録!
臨場感あふれる合唱シーンは必見!!!

ちょっと自意識過剰なヒロインをキュートかつコミカルに演じるのは、「天然コケッコー」「砂時計」などで今最も注目を集める、正統派美少女女優の夏帆。また、まさかの十代を演じたガレッジセールのゴリをはじめ、薬師丸ひろ子や「ごくせん」で話題の石黒英雄など個性豊かなキャストが共演!映画主題歌をゴスペラーズが担当。役者として出演しているのも見所です!

<多彩な楽曲の数々>
七浜高校合唱部
・ゴスペラーズ「青い鳥」(映画主題歌)
・MONGOL800「あなたに」

湯の川高校合唱部
尾崎豊「15の夜」「僕が僕であるために」

薬師丸ひろ子
・尾崎豊「OH MY LITTLE GIRL」

その他
・「待ちぼうけ」「ダンシング・シスター」「フニクリフにクラ」エノケンの「私の青空」 など


<特典>
すべてが フル・スペック!!
2枚組 特製アウターケース付き

●本編ディスク
・フル・ミュージックチャプター
・劇場特報・予告篇
●特典ディスク(充実の110分!)
・燃焼系!真夏のフルティーン(メイキング) ・続・真夏のフルティーン
・合唱フル・バージョン(心に響く合唱を本編では味わえなかったフルバージョンで堪能!)ゴスペラーズ「青い鳥」 MONGOL800「あなたに」 尾崎豊「15の夜」「僕が僕であるために」「OH MY LITTLE GIRL」 その他「まちぼうけ」「私の青空」
・2008年夏、私はフルチンになりました(夏帆inうた魂)
・35歳のフル高校生、なめてんじゃねぇ!(ゴリさんフィーチャー)
・フルティーン・メインキャスト学生証
内容(「キネマ旬報社」データベースより)
『天然コケッコー』の夏帆主演による青春ムービー。七浜高校の合唱部に所属するかすみは、歌う自分が大好きな女子高生。だが生徒会長に歌う顔を「産卵中のサケみたい」と言われてしまい…。特典満載の2枚組



実は『天然コケッコー』の後
(と言っても、つまらなくて眠くなってリタイアしたんだけど)で観て、
「全然ちげー、何なんだ、この温度差は!?」とつい叫んでしまった…。
同じ夏帆でもまるで雰囲気が違う。
(もう芸術に対する豊かさが消えてしまったのだろうか…感受性が低く感じるこの頃です)

何も考えずに見ていたので、それ以上に面白く感じました。
歌って不思議なもんですよ。
太古の昔から人は歌い、
英雄の軌跡を語れば、愛の告白を韻を踏んで想いを伝えたり、
誰かに共感を与える(とは誇張であるが)人生を謳歌したり、
はたまた別れを告げる歌を、いま現在でも伝わっている。
人は(少なくとも)一度は歌をうたっているはず。
言霊の信仰を『万葉集』(雑歌・相聞・挽歌等)で習ったけど、
言葉ってよく聞いてみるとリズムが出来てるんだよね。
って、それはイントネーションやら何やらで繋がるんだけど…。
そこに命が吹き込まれ、言葉がそのまま具現化されていく。
だから、やたらにできない事や、害を為すような事を口にするのは良くないだろうね。

それは置いといて。
本作品は懐かしい歌が続々出てきます。
小学生の頃に歌ったものがあれば、口ずさんで現実逃避に走った歌など。(笑)
(もう恋など憂鬱になってくるこの頃…)




今でも小中・高等学校では歌っているのでしょうかね。

個人的に青春時代に流れていたのが、












とまあ、全然統一性が無いのがオレ様の特性ですね。
これ以外にもたくさんあるけど、どちらかと言えば渋いのが多い…?
(と云うよりも、サントラを聴く時間が多かったっす)

人はどうしても着飾ってしまうんですよね。
もうこれは宿命としか言いようが無いと思う。
その着飾りを捨てて「フルチン」になることが、真の自由と言えよう(言葉が悪いな)。
何事も一所懸命やるのって、カッコイイですよね!
オレ様みたいに「面倒くせー」とか「だるい」とか言ってるのは、カッコ悪い。(苦笑)

そういうことで、評価は77点。
(って、いま夜中の2時30分を過ぎ取るぞ…)

nice!(25)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

半月で買った中古本…とか [本]

先日も言ったと思うけど、ようやく卒論の題目を届け出ました。
これから資料集めや目次を決めつつ、本格的に活動することになります[グッド(上向き矢印)][パンチ]
就活もあまり活動してないので、まずはコチラが優先事項なのかもしれませんが…[がく~(落胆した顔)]


それで何かネタが無いかと、近くにある中古本屋やネットの日本の古本屋で探して、
状態が良くかつ安価な本をチェックしています[わーい(嬉しい顔)]


物語日本史(上) (講談社学術文庫 348)

物語日本史(上) (講談社学術文庫 348)




竹取物語 全訳注 (講談社学術文庫 269)

竹取物語 全訳注 (講談社学術文庫 269)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1978/09/08
  • メディア: 文庫



更級日記 (岩波文庫)

更級日記 (岩波文庫)

  • 作者: 西下 経一
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1963/01
  • メディア: 文庫



和泉式部日記 (岩波文庫)

和泉式部日記 (岩波文庫)

  • 作者: 和泉式部
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1981/03
  • メディア: 文庫


渡部昇一『蘇る日本史1古代・貴族社会篇』PHP文庫1996年

たけみつ教授の面白すぎる日本神話と古代史の謎 (リイド文庫)

たけみつ教授の面白すぎる日本神話と古代史の謎 (リイド文庫)

  • 作者: 武光 誠
  • 出版社/メーカー: リイド社
  • 発売日: 2005/08
  • メディア: 文庫



面白いほどよくわかる心理学 (学校で教えない教科書)

面白いほどよくわかる心理学 (学校で教えない教科書)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 日本文芸社
  • 発売日: 2008/11
  • メディア: 単行本



シンクロニシティ―「奇跡の偶然」による気づきと自己発見への旅

シンクロニシティ―「奇跡の偶然」による気づきと自己発見への旅

  • 作者: フランク ジョセフ
  • 出版社/メーカー: ベストセラーズ
  • 発売日: 1998/12
  • メディア: 単行本



平気でうそをつく人たち―虚偽と邪悪の心理学

平気でうそをつく人たち―虚偽と邪悪の心理学

  • 作者: M.スコット ペック
  • 出版社/メーカー: 草思社
  • 発売日: 1996/12
  • メディア: 単行本



万葉集 全訳注原文付(四) (講談社文庫)

万葉集 全訳注原文付(四) (講談社文庫)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1983/10
  • メディア: 文庫



これくらいで1500円はしないですね。
だいたい105円コーナーとかで質のよい状態本があれば、即買いです。(笑)

またリサイクル図書でも、いろいろな大学の優秀な論文を収めた本を手にしたので、
暁の部屋はハードカバー本で一杯です[たらーっ(汗)]

またいま現在借りてる本は、


源氏物語を知る事典

源氏物語を知る事典

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 東京堂出版
  • 発売日: 1998/05
  • メディア: 単行本



夢と物の怪の源氏物語 (源氏物語をいま読み解く 3)

夢と物の怪の源氏物語 (源氏物語をいま読み解く 3)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 翰林書房
  • 発売日: 2010/10
  • メディア: 単行本



源氏物語の〈物の怪〉―文学と記録の狭間 (古典ライブラリー (4))

源氏物語の〈物の怪〉―文学と記録の狭間 (古典ライブラリー (4))

  • 作者: 藤本 勝義
  • 出版社/メーカー: 笠間書院
  • 発売日: 1994/06
  • メディア: 単行本



源氏物語 (1) (新潮日本古典集成)

源氏物語 (1) (新潮日本古典集成)

  • 作者: 紫式部
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1976/06
  • メディア: 単行本



無名草子  新潮日本古典集成 第7回

無名草子 新潮日本古典集成 第7回

  • 作者: 桑原 博史
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1976/12
  • メディア: 単行本



光源氏と夕顔 ―身分違いの恋― [新典社新書]

光源氏と夕顔 ―身分違いの恋― [新典社新書]

  • 作者: 清水 婦久子
  • 出版社/メーカー: 新典社
  • 発売日: 2008/04/23
  • メディア: 新書



で、主に男子諸君支持率ナンバー1の夕顔をメーンに研究しています[グッド(上向き矢印)][るんるん]
古典は面白いけど、現代ではなかなか見ない漢字が多くて大変ですね。
また暁の世代では漢詩とか漢文をあまり習ってないのです…。
でも『漢字源』があれば解けてきます。
(って、御経を見れば解かるか!?)

レジュメはほぼ完成しました[ひらめき]
あとは考察と肉付けをするだけです。
しかし、夕顔って本当にミステリアスで難解なのです[exclamation×2]
その魅力が男子を惹きつけるのでしょうかね[るんるん]

ではでは。

nice!(18)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

ゼミの発表が [大学]

近づいてきました[あせあせ(飛び散る汗)]

今回は『源氏物語』の「夕顔」の巻をすることにし、
その事を教授に話したら、

「良いですねぇ、君もやっぱり夕顔が好きなんだな」

とニヤけて言ってました[わーい(嬉しい顔)]

その前にもゼミの授業で「物語」についての話があったんだけど、
国宝源氏物語絵巻で「東屋」の巻の説明があったんですよ。

obj03.jpg


この中央にいるのが、浮舟です。
教授から「中央正面に向いているのは誰ですか?」と聞かれて、
暁は間違って「“夕顔”」と言ってしまいました…。
もちろん、すぐに訂正したけど[ふらふら]
で、教授は「あーなるほど、確かに夕顔と浮舟は非常に似ていますよねぇ」
とフォロー(ありがとうございます)

なぜ間違えたかと言えば、今回のゼミで発表しようと思っているのが「夕顔」。
ず~っと頭の中で整理していたから、反射的に「夕顔」と言ってしまうんですよ。(笑)
ドナルド・キーン学術顧問も、やはり「夕顔」が好きと言っています。
男性に誰でも愛される女性なのでしょう。
そして女性の方は夕顔が好きではないという声も…。
暁が担当しようと思っているのが、夕顔が死ぬ前後です。(苦笑)
あの謎めいて暗い雰囲気が良いんですよねぇ。

で、髪をとかしてもらっているのが中の君で、それ以外が女房となる。
昔は紙や墨など高級でしたからね。
さらに絵となれば、これはかなりの上流階級となります。
この前に浮舟は中の君の夫である、匂宮に襲われかかってたんですよ。
匂宮は源氏の孫にあたるわけですが、性格が何とも卑猥。(爆)
たまたま浮舟は腹違いの中の君に庇護してもらうように来てたのだが、
運悪く匂宮に見つかってしまい、
まあ匂宮は「おっ、見かけない顔だな。新しい女だから一味してみるか?」
てな感じで襲いかかったのでしょうかね。
とにかく性的欲望が強い。
いわゆる強姦魔ですね…。

そんなわけで、突然襲い掛かれたので浮舟は傷つくわけですよ。
それで中の君は最高の癒しもの、絵を見せてあげるんですよね。
浮舟は絵本を見ながら、女房が読み聞かせる物語を聞いて楽しむんです。
今で言えば、紙芝居に近いものがあるんですね。


そういうことで、またブログの更新が途絶え、皆様へのご訪問が遅くなります。
申し訳ありません。

nice!(60)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

心理テスト 自己・性格篇 [ブログ]

問題 子どもたちが家の中でかくれんぼ。オニの目をくらますのに最適な隠れ場所はどこ?


A カーテンのかげ


B 机の下


C クローゼットの中


D 布団にもぐる






それじゃあ、ベタな「机の下」で[手(パー)]






























































続きを読む


nice!(22)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

映画批評 その323 『おとうと』 [批評-映画]

まあベターな理想でしょうか。

おとうと <通常版> [DVD]

おとうと <通常版> [DVD]



登録情報
出演: 吉永小百合, 笑福亭鶴瓶, 蒼井優, 加瀬亮
監督: 山田洋次

商品の説明
内容紹介
お姉ちゃん、おおきにー
日本中が笑って涙した、豪華キャスト共演、山田洋次監督の最新作!

吉永小百合(『母べえ』)、笑福亭鶴瓶(『ディア・ドクター』)、蒼井優(『フラガール』)、加瀬亮(『硫黄島からの手紙』)、
日本映画界・豪華キャスト夢の共演!

東京でつましく暮らす姉の前に現れたのは、どうしようもない厄介者だけれど笑顔をくれる弟―。
家族の絆と人間模様が、笑いと涙を織り交ぜながら描かれる感動作。

2010年ベルリン国際映画祭で、特別功労賞“ベルリナーレ・カメラ”を受賞した山田洋次監督の最新作であり、
かつて同賞を受賞した市川昆監督の作品「おとうと」に捧げるオマージュ作品


<ストーリー>
東京の郊外で、夫亡きあと小さな薬局を営み、一人娘の小春を育ててきた姉・吟子。大阪で何ひとつ成し遂げないまま歳を重ねてしまった弟・鉄郎。音信不通だった彼が突然、小春の結婚式に現れる。以前も吟子の夫の十三回忌で、酔っ払い大暴れした鉄郎。今日は一滴も飲まないと約束するが、酒を目の前にした鉄郎は我慢できず、酔っ払って大騒ぎ、披露宴を台無しにしてしまう。激怒する身内の中、鉄郎をかばうのは吟子だけだったが、後日、ある出来事がきっかけで、吟子は鉄郎に絶縁を言い渡してしまう。肩を落として出ていく鉄郎の背中に不吉な予感を覚える吟子だったが・・・・・・。
内容(「キネマ旬報社」データベースより)
名匠・山田洋次監督が吉永小百合と笑福亭鶴瓶主演で描いた感動の家族ドラマ。東京で薬局を営む吟子は、女手ひとつで育ててきた娘・小春の結婚式を控え幸せな日々を送っていたが、音信不通だった弟・鉄郎が突然帰郷したことから騒動が巻き起こる。



親父が見たいと言っていた作品。
個人的には、それほど期待はしていなかったが、
冒頭のフーテンの寅さんや阪神の優勝の映像でもう馴染んでしまった。(笑)
なんか現実にあった事を出されると、どうしてもすぐに作品の世界へ入ってしまう。
まあ認知されていることを前提に出したのでしょうかね。
自分の同じ世代は微妙な立ち位置ですが…。
だいたい『男はつらいよ』を見ている10~20代って少ないでしょ。
自分は柴又から近いわけだし、亀有なんて3分で行ける。
そうした下町情緒は、意外と風情なものであると思う。
と言っても、最近は高層マンションやら地域活性の名目で巨大なショッピングモールがあるやら、
かつての面影も薄らいできている。
そして東京スカイツリーの近くにある業平橋駅も、駅名が変わっていってしまう。
「世は無常なり」

要らない前置きだったけど、やっぱ家族っていうものは難しい。
過去は核家族が増え、最近は身の周りが便利なものだらけになったり、
また親が会社の残業などで家が留守がちになる等で、
家族団らんで楽しい話をする時間が少なくなってきたいる今日。
家族との関係が希薄になり、抱える悩みや理解してくれることが難しくなった。
もともと日本人は謙虚さが美徳であったけれど、行きすぎれば優柔不断になり、
また逆になればお節介であると思われてしまう。
面白い事に、血のつながった兄弟では対照的である事があり、
例えば上が控えめであれば、下は活発になる。
本作品もそんな感じだ。

古臭いと言われている本作品であると言われているが、
内容の無い映画を見るよりは遥かにマシだと思っている。
山田洋二監督は個人的に幼くしてはじめて認識した人であり、
それなりに影響を受けてきている。
人生は悲しみあって笑いがある。
エンターテイメントも良い。だが、結局は人間ドラマに帰結するのではないか。

蒼井優の清々しさは素晴らしい。


評価は81点。

nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

それは突然に…。 [社会問題]

ついこの間、新聞で4月の自殺した人のデータを読んでいた。
前年度の4月と比較して、やや増加したというものだった。
その記事は他のに比べてほんの小さな記事であったが、
悪い意味での「シンクロニシティ」、
または「デジャヴ」というものを薄々感じていた。

そして昨日、目覚めてすぐつけたニュースでは、上原美優が自殺した事を耳にした。
まさに寝耳に水であった。







-------------------------
リアルな話。
2011/5/10 19:47 日記

今日の空嫌いだったー

ねぇ!皆さん

リアルに私、恋愛が出来ないーーー

恋多き女だった私が、、

恋の仕方も、恋愛の仕方も、リアルにわかんなくなってる。

てか完全焦ってるな私。

だって今すぐフジテレビの廊下をめっさ叫びながら走り回りたいもん。


私の周りは
どんどんみんなHAPPYloveになって美優も嬉しいけど

そうなんだぁって

冷静保ってるけど

本当の心の美優、


ヤバいヤバいヤバいヤバい

うらやましーー

と叫びたいんよ。


イヤ、皆さん今日の上原さんおかしいです。

てか、最近気づいた

前はね、てか昔はね、

ハーってloveなため息ついてたの、

。。
でも、

ハー疲れたぁってのため息だもん。


好きな人がいると、幸せすぎて本当にご飯が喉を通らなくて空飛びたい気分


でも今は、

ご飯を食べてる時が幸せで時間があれば常に食べてる。リアル太って空も飛べない





早く結婚したいのに
まぢ焦るーーー汗


って感じの上原なので、
アドバイス求む。


リアルに。


美優
--------------------

※これは(自殺に関する考察)故人を世間に踊らすために書いているものではありません。

これが本人の、最後のブログ更新であった。
そこから(私自身)感じ取れるのは、自己の葛藤と挫折。
それぞれの思いが交錯し、そこから混乱が見え、
自分と他人との違いを歎いているようにも思える。
自分が見る目と、自分が見られる目。
頭の中では常にリアルと理想の境界が揺れ、何をしようとも無力な自分にもどかしさを覚え、
かすかな希望を持ちつつも、絶望がそれを断たせようと沸々と湧き起る。
それから「幸せ」がリアルと逆転し、何物にも縛られない空にあこがれているような感じもある。
「恋愛」の遍歴があるにもかかわらず、なかなか伝えられない、
あるいは伝えることでさえ戦(おのの)き、自己の欠点にさいなまれ、
さらに過去が追い打ちをかけるように、そして現実がそれらを増上せしめているようだ。

最後に載せられた写真には、切実な眼差しがみえる。


御冥福をお祈り申し上げます。

nice!(11)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

東京国立博物館 218 [東京国立博物館]

美人図押絵貼屏風」
筆者不詳/17世紀・江戸時代

SANY2112.JPG

SANY2113.JPG

SANY2114.JPG


nice!(42)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

限界………? [独言]

ああ、集中する度に命が縮んでいるような気がする、今日この頃。
いや、成人になってからの話だけど。
どうして文豪や作家は「うつ」になるか分かる気がしますねぇ。
(って、オレ様も文豪と豪語したいわけではないが…)

そして自殺することも多い。
芥川龍之介、有島武郎、川端康成、太宰治、三島由紀夫etc.

その気持ちは分からなくも無い。
なぜか、「死に近づく」につれて「美しさが増してくる」ように感じるのである。
個人的な意見ですよ、自殺など奨めませんからね。
別の言い方をすれば、「極限」にみる「究極の輝き」とも言えるのでしょうか。

精神退行とか過去世療法など読んでると、「光」を通り過ぎて記憶を見るという。
その「光」が天国だとか何だとかと、怪しげな宗教家が語りだしそうなところだが、
決して「何も無かった」わけではないと思う。
人は自己防衛本能を持ち合わせている。
本人にとって、とてつもない強いショックを受けると、
思いださせないように記憶を消すことがあるらしい。

自分も都合よく記憶が消えればありがたく思うけど(笑)、
よほど強烈なショックがない限り、あるいはたくさんの酒を飲まない限り、
もしくはボケない限り、おぼろげに記憶されている。
人はどうしても用の無いものばかり覚えてしまうから、困ってしまう。(爆)

「光」といえども、様々な「光」がある。
だいたい先入観があると「白」のイメージが多いと思う。
「光」=「白」
これは果たして正解なのだろうか。
本当に「光の世界」を通過して過去や未来を見たのだろうか?
個人的な事であるが、もし「光」=「白」だとしたら、
それは「自ら抹消した記憶」かもしれないと考えている。
変な言い方をすれば、都合の悪いものは、都合良く抹消してリセット、そして生まれ変わる、
と言ったものだろうか。

とある友人の友人は、その怪しげな「光の世界」の新興宗教に引っかかってしまったと言う。
「私は真理を知っている、インドにも実際に行って悟りを得た、光の世界を見た」云云…。
プンプン臭うぜ……胡散臭さが。
肩書きはどこかのお偉いさん方で、組織を仕切ってるとか。
どこかの団体とそっくりだな…。
怪しげな宗教は決まって「OO名誉教授」や「XX勲章」などを「お飾り」している。
だいたいは金銭で払って買ってるんだろうけど。

「光の世界」って、ずいぶんと曖昧な表現だよな…。

前述したように、「光の世界」は「自ら抹消した記憶」と考えれば、
そこで何があったかは誰にもわからない。
つまり個人差が生じているだろう。

それでは、嫌なことではなくて、良い事があったらどうだろう。
ここがまた難しいもので、「心」だけ残っているから意識の活動もかなり限定される。
「心」も抽象的で分かりにくい。ただ漠然と感じているだけ。
目に見えるとしたら、脳の一部分だけだろう。
だから、その脳の一部分が、いや体全体が死後ないのだから、
記憶を留めようにも、何とも微妙なところではないか。
結局は「心」に帰結するしかない。

心の活動は限定される。
では、どのようにして来世の準備をするか?
やはり生前の最期の最期まで、心臓が止まるまで善業を積むしかないのだ。
死んでからは(肉体から離れるので)自由に活動する事が出来なくなるのだから。

結局は生前の行いによって、今後の世界に左右される。
「臨終正念」、非常に大切な言葉ではないだろうか。


って、何でこんなもの書きだしたかって?

もう限界かも…。

ぶっちゃけ言えば、日本語苦手です、いや、(世界中の)言文そのものが苦手…。
なのに文学部日本文学文化学科に入学しているし、
機関紙の副編集長も務めている。

けど、最近は「日本語が変」とか「文法知らねんじゃね」とか書かれるし、
非常に窮屈な思いを感じています。

仕方ないじゃん、基本的にオレ様の頭の中は饒舌状態なんだし、
日本語の文法は未だにすべて収束しているわけじゃないし、
(日本に留学する海外の学生のほとんどが「日本語に革命をもたらしたい」と言っているしさ)
何よりも、執筆活動は自由でありたいと切に願う。


さらに言えば、(ブログをしている方に失礼だが)
自分の思考を吐き出す事を含めてブログをしている。

つまり、思考の整理だ!


オレ様は何も囚われない、自由気ままに我が道を行きたいのだ!!

そういえば『思考の整理学』って本、東大や京大に人気があると聞いたけど、
内容を読んだけど大したこと無かったし、中古本屋に行けば105円で売っている。

思考の整理学 (ちくま文庫)

思考の整理学 (ちくま文庫)



東大生たちのメッセージはウソなんじゃないかと思うくらい、損得が無かった。
そういう本もいまどき珍しい…。




この記事の文章だけで、どんどん調子が変わっていくのがよく分かる。
(って、以前からそうだったんだけど)
なんか文章としての統一性がなくなってしまいましたねぇー。
それくらい、自分の心は病んでるんでしょうかね。(苦笑)


そうこうして、なぜか世間での初恋を思い出す。
なぜか初恋の人は3人いまして、
1人は幼稚園の頃に出会った子、
1人は生まれ変わった自分が初めて恋した子、
もう1人が音楽の世界で出会った子。
オレ様って浮気性が酷いですね…。

ただ、恋して苦しくて心に刻まれた恋だったわけですよ。
たぶんこの先でも、これ以上の恋はないかもしれない…。
(アレ?自分のキャラが混迷している?!)

最初の初恋と再会したのがコレだったんだよなぁ[るんるん]

結局は破れるものなんですよ、恋は。
まあ若いからそう言うんだろうけど…。



さて、また原稿を書かなきゃ[たらーっ(汗)]

nice!(23)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

映画批評 その322 『ロビン・フッド ディレクターズ・カット版』 [批評-映画]

アウトローは所詮こんなもんだぜww



登録情報
出演: ラッセル・クロウ, ケイト・ブランシェット, ウィリアム・ハート, マーク・ストロング, マーク・アディ
監督: リドリー・スコット

商品の説明
内容紹介
アカデミー賞作品賞・主演男優賞を含む5部門をはじめ各賞を総なめした 『グラディエーター』から10年。
リドリー・スコット×ラッセル・クロウの新たな傑作が誕生!

英雄よ、射ちまくれ!

★劇場版より16分長いディレクターズ・カット版を収録!
★充実の特典80分以上の特典ディスク付2枚組み!

☆Blu-ray(本編2バージョン収録/劇場版・ディレクターズカット版)、ロビン・フッド&グラディエ-ターセット(Blu-ray)も同時リリース!

リドリー・スコットが監督を手がけ、あの“グラディエーター”を生み出した、ラッセル・クロウとの5度目の競演!
ラッセル・クロウ、ケイト・ブランシェット、ウィリアム・ハートのアカデミー賞受賞俳優の豪華競演!

【ストーリー】
12世紀末。イングランド獅子心王リチャード1世が率いる十字軍遠征隊の中に、数々の武勲を打ち立てた弓の名手、ロビン・ロングストライドがいた。フランス軍との戦闘でリチャード1世が落命したと知ると仲間とともに部隊を離れるが、王の側近たちがフランス軍の闇討ちに合う現場に遭遇する。そこで倒れていた瀕死の騎士ロバート・ロクスリーの遺言、ノッティンガム領主の彼の父に剣を届ける約束を果たすため、ロビンたちはノッティンガムへ向かう。そこでは、彼の新たな人生が待ち受けていた・・・


【キャスト】
ラッセル・クロウ (ロビン・ロングストライド)
ケイト・ブランシェット (マリアン)
ウィリアム・ハート (ウィリアム・マーシャル)
マーク・ストロング (ゴドフリー)
マーク・アディ (タック修道士)
オスカー・アイザック (ジョン王)
ダニー・ヒューストン (獅子心王リチャード1世)

【スタッフ】
監督・製作:リドリー・スコット
脚本・原案:ブライアン・ヘルゲランド
原案:イーサン・リーフ&サイラス・ヴォリス
製作:ブライアン・グレイザー
製作総指揮:チャールズ・J・D・シュリッセル/ マイケル・コスティガン/ジム・ウィテカー

【特典】
〔本編ディスク〕
●未公開シーン 編集 P・スカリアによるイントロダクション&音声解説
〔特典ディスク〕
●未公開シーン 編集 P・スカリアによるイントロダクション&音声解説
●幾たびも立て~メイキング・オブ・「ロビン・フッド」~
●予告編&TVスポット

内容(「キネマ旬報社」データベースより)
『グラディエーター』のリドリー・スコット監督が、ラッセル・クロウを主演に迎えて贈るアクションアドベンチャー。12世紀末、十字軍遠征に参加していた弓の名手・ロビン。王の死を受け部隊を離れた彼らは、王の側近たちが闇討ちされる現場に遭遇し…。



珍しくリドリー・スコット監督にしては、
それほど過激ではなく落ち着いた感じで作っている。
幼稚園生で『エイリアン』を見て、さらに12~13歳で見た『グラディエーター』の
衝撃からしては結構やさしめで、始めからこんな感じでやってほしかったと思いつつ、
どのようにして「ロビン・フッド伝説」が生まれたのかを、独自の解釈で交えて展開している。

辞書等を引けば、だいたい15~16世紀辺りから出てくるが、
古くて12~13世紀までさかのぼる。
もちろん虚構の人物なので曖昧である。
吟遊詩人が歌われたということで、日本でいえば琵琶法師(?)と言ったところかもしれない。
口述によって語り継がれたことは、民衆に広く愛された物語であるのだろう。
それくらい庶民にとっては心のより所で、勇気をもらえるスーパーヒーローの物語だ。

われわれ日本人からの感覚では、ディズニーの『ロビン・フッド』に影響を受けている。
なので、悪代官を懲らしめて、貴族や聖職者から金銭を奪って庶民に与えるイメージでしかない。
しかもキツネみたいな主人公が!
この様な感覚では、本作品を存分に楽しむことはできないだろう。

獅子心王ことイングランドの王リチャード1世が、
フランスの王フィリップ2世との対戦中に戦死する所から始まり、
クライマックスのジョン王とフィリップ2世の戦いまでの史実に沿って、
ロビン・フッドがいかにして「義賊の英雄」となったかを、うまく脚色されている。

まあ、今でもお役人さんというものは変わりませんねぇってことがよく分かる。(笑)
外見は変わっても本質的には、何ら変わっちゃいない。
だからこそ民衆はアウトローを要請し続ける。
頼まれた人はたいへんですね…裏切られる可能性が大きいので。
虚構の世界だから良いんだけど。

他の批評を読んでみると、
どうしても『グラディエーター』や『キングダム・オブ・ヘブン』と比べてしまう。
そうしたい気持ちはよく分かるけど、いったん切り離して考えてみれば感覚が違うと思いますよ。
映像の美しさや洗練されたカメラワークは多少変わってないけど、
良いくらいに年を重ねたのか、軽妙なリズムを感じるのです。
確かに順風満帆過ぎだろうと思うところがあったけど、遊び心があっていいと思います。

アウトローというと、どうしても自分の事かと思ってしまったり…。
昔はさんざん悪い事をしてきたからな。
今はさすがにしない………と思う。^^;


評価は90点。

nice!(21)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

大学へ行く途中に… [独言]

今年は授業日数が少ないので、ゴールデンウィークなぞすぐに終わってしまいました。
とある講師では、うな丼を食べて小骨がのどに突き刺さり、5日間取れなかったとか…。


110506_1720~01.jpg



てなわけで、大学へ行く途中に、どういうわけかピングーぬいぐるみが置いてありました。
帰り道ではもう無かったのですが、持ち主のもとへ届いていれば良いですね。
ピングー懐かしい[ぴかぴか(新しい)]
よく幼稚園小学校に行く前に見ていましたね。
あのほのぼのとした雰囲気が好きです。

nice!(17)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

心理テスト 今回はOOO篇!? [ブログ]

えと~[あせあせ(飛び散る汗)]
今回はまさかのアレですww



問題 女の子がいじめっ子退治を魔女に依頼。魔女は魔法の杖でいじめっ子を何に変えたと思う?


A 真っ赤なリンゴに変えた

B カブトムシに変えた

C 石に変えた

D スカンクに変えた





まあ、ここはAの真っ赤なリンゴに変えたを選びますね。











































続きを読む


nice!(13)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

映画批評 その321 『フレフレ少女』 [批評-映画]

応援とはこういう事だ!!

フレフレ少女 [DVD]

フレフレ少女 [DVD]



登録情報
出演: 新垣結衣, 永山絢斗, 柄本時生, 斎藤嘉樹, 染谷将太
監督: 渡辺謙作

商品の説明
内容紹介
『恋空』の新垣結衣主演最新作!
“想いが通じれば奇跡は起きる――”
青春・応援エンターテインメント!『フレフレ少女』

★夢見がちな可愛い女子高生が、ある日突然応援団長!? 笑って泣けて、懐かしいのに何故か新鮮。
「応援」に夢をたくす少女のひと 夏の物語。
★とかくクールで無関心と言われる現代社会の中で、世代を問わず多くの人を感動させ、熱狂を呼んでいる唯一のジャンルが「スポーツ」!!
その数多ある「スポーツ」を、心から応援する気持ち。感動を与えてくれる選手たちへのリスペクトのカタチである「応援」というキーワードをテーマにし、
ポップな青春群像を描いた、共感と感動のグローイングアップ・ストーリー。
★主演は、女優への躍進目覚しい新垣結衣。
代表作「ギャルサー」「マイ★ボス マイ★ヒーロー」「パパと娘の7 日間」主演(TBS 日曜劇場)「コード・ブルー」(ドラマ)、「ワルボロ」「恋するマドリ」「恋空」(映画)など。
永山絢斗(『罪とか罰とか』「パズル」)、柄本時生(『ホームレス中学生』『俺たちに明日はないッス』)、斎藤嘉樹、染谷将太ら若手キャストや内藤剛志ら実力派が脇を固める。
★2008 年 10 月~全国松竹系にて公開

【story】
小説の恋に夢中な女子高生・桃子 (新垣結衣)は、偶然出会った野球部のエースに初めて本当の恋をする。
彼を見守りたい!という思いから、廃部寸前の応援団に入部した桃子。しかし、部員集めに奔走する熱意を認められ、いきなり団長に指名されてしまった! 寄せ集めの団員たちは、応援歌を歌えば音程を外し、大団旗を持てばフラフラと頼りない、筋金入りのへなちょこばかり。
そんな桃子たちの前に、伝説の応援団OBまで現れて…!?

【仕様】
DVD2枚組+ブック レット
★〈本編 Disc〉本編(114 分)+予告編・TV スポット
★〈特典 Disc〉メイキング、オフショット映像、インタビュー ほか
★初回生産分のみ アウターケース仕様、フォトブック封入 予定

(C)2008「フレフレ少女」製作委員会

内容(「キネマ旬報社」データベースより)
高校の応援団長を務めることになった女子高生の姿を『恋空』の新垣結衣主演で描いた青春ドラマ。桃子は同じ高校に通う野球部のエースに一目惚れ。彼の活躍を応援したい桃子は応援団に入部し、応援団長まで任されてしまう。


みなさま、ゴールデンウィークを如何お過ごししましたか?
暁はず~っと考え事をしながら、本作品や
『ロビンフッド(2010)』
『伊豆の踊子(吉永小百合)』
『おとうと』
『うた魂♪』
などの映画を一通り見ていました…。

それから既にゼミのレジュメに取り組まなければならず、
卒論のタイトルや機関紙の記事等で、ちょっと気が入らない状況です。


本作品が出た当初は、
「このCMじゃあ、あんまり期待できないなぁ」
と思ってスルーしていたけど、東日本大震災の後で思うと見方がまるっきり変わってしまった。
今こそ「応援」について真摯に考えるべきであり、
そのことを本作品はさり気なく訴えていることに気づく。

応援するその人以上に、自分の強い思いと努力がなければ、「応援」とはならない。

口で言う事は簡単。
されど、それをそのまま我が身で実行するのは難しい。

世の中は口だけだったり肩書きばかりで、まったくその振る舞いをする人は少ない。
これから万葉集で「言霊信仰」を習うわけだけど、
「言葉」とは字の如く、そこから発生(言)される所から伸びて、
遠くまで影響を及ぼす(葉)のであろう。
まさしく「生き物」みたいな不思議な現象だ。

しかし、今となっては枯れ葉のようであり、どことなく味気ない。
その原因を考えると、やはり身が伴わない結果があるからであろう。
これぞ「有名無実」である。

それにしてもガッキーが失恋した後の銭湯でのシーンは良かったですね。(笑)



評価は87点!

ではでは。

nice!(37)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:blog
暁のファン募集中です☆ ヨロシクです(^^)/~~~

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。