So-net無料ブログ作成

映画批評 その441 「パラノーマル・アクティビティ 3」 [批評-映画]

なぜオレ様の誕生日に日本で公開したんだ、しかも時代設定も生まれた年で…。

パラノーマル・アクティビティ3  ブルーレイ+DVDセット [DVD]

パラノーマル・アクティビティ3 ブルーレイ+DVDセット [DVD]

  • 出版社/メーカー: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
  • メディア: DVD


登録情報
出演: クリストファー・ニコラス・スミス, ローレン・ビットナー, ハリー・フット, クロエ・チェンゲリ, ジェシカ・タイラー・ブラウン
監督: ヘンリー・ジュースト, アリエル・シュルマン
形式: Color, Dolby, Dubbed, Subtitled, Widescreen
言語 英語, 日本語
字幕: 日本語, 英語
画面サイズ: 1.78:1
ディスク枚数: 2
販売元: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
DVD発売日: 2012/06/08
時間: 94 分

商品の説明
内容紹介
全世界絶叫──!! “すべての始まり”をあなたは目撃する。
18年前、少女たちは何を呼び出してしまったのか…?

カリフォルニア州のある家庭で起きた未解決事件からさかのぼること18年。
これは1988年、ケイティとクリスティ姉妹がまだ幼い頃に体験した身も凍る2週間を、ホームビデオがとらえた映像である。
少女たちが鏡の前で行った“怖い遊び”はいったい何を呼び覚ましてしまったのか!?



◆過去最恐にして、最高の世界興収を記録!
◆社会現象を巻き起こした戦慄のホラー・シリーズ第3弾
◆今、すべての謎がリンクする──前2作で姉妹を襲った“超常現象”の真相とは!?
◆まだまだ恐怖は終わらない……第4弾、製作決定で今後の注目度も絶大!!
◆全米No.1! ホラー映画史上、歴代オープニング最高記録/オープニング三日間で前作比135%動員
◆ブルーレイには、《劇場版》と《完全版》2バージョンを収録。
劇場版本編のほかに、約10分長い完全版本編を収録!
【特典映像】
●《劇場版84分》と《完全版94分》 2種類の本編
●ロスト・テープ
・恐怖のモンタージュ
・デニスのコマーシャル


内容(「キネマ旬報社」データベースより)
低予算ながら世界中でセンセーションを巻き起こしたホラー第3弾。第1作目から18年前の過去を舞台に、幼いケイティ&クリスティ姉妹に襲い掛かった超常現象の謎を追う。前2作では語られなかった真相が明らかに。劇場版より約10分長い完全版も収録。




詐欺だー!
この予告編では物凄い超常現象が起きているのに、本編は地味に怪奇現象が起きるだけ…。
(しかも、一切CMに本編が入っていなかった事に驚愕)
まあ、驚いたのは他にもケイティやクリスティたちが普通に冒頭で出てきた事。(笑)
恐らく、残されていたビデオテープがなぜ喪失したのかという伏線で来たのだろう。
その喪失したビデオテープに記録された驚くべき(?)現象。
いやぁ~、あの扇風機で録画したのは正解でしたな。
ベビーシッターの後ろに変な奴が立つあのシーンは良かったと思いますよ。
それからケイティの髪の毛が急に引っ張られる所とか、
ラスト15分の息つく間もなく襲いかかる恐怖シーン。

しかし、やっぱり幽霊よりも、生身の人間の方が怖いわな。


評価は55点。

タグ:映画批評
nice!(36)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

映画批評 その440 「哀しき獣」 [批評-映画]

勢い、そしてヴァイオレンスはホラー以上にすごい!

哀しき獣 ディレクターズ・エディション [DVD]

哀しき獣 ディレクターズ・エディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)
  • メディア: DVD


登録情報
出演: ハ・ジョンウ, キム・ユンソク, チョ・ソンハ
監督: ナ・ホンジン
形式: Color, Dolby, Dubbed, Subtitled, Widescreen
言語 韓国語
字幕: 日本語
画面サイズ: 2.35:1
ディスク枚数: 1
販売元: Happinet(SB)(D)
DVD発売日: 2012/06/02
時間: 140 分

商品の説明
内容紹介
世界中を狂喜させた『チェイサー』をも遥かに凌駕する衝撃!ナ・ホンジン、究極なるクライム・サスペンス!!

★韓国国内で500万人超を動員し、日本でも大ヒットを記録した『チェイサー』。強烈な演出センス、圧倒的な映像世界を作り出し、韓国アカデミー賞をはじめ、名だたる映画賞の主要部門を完全独占!華々しいデビューを飾ったナ・ホンジン監督作品!!

★300日間に及ぶ撮影(通常の映画撮影の2倍の期間)、5000というカット数、250にも及ぶ血が凍りくつような残虐シーン…。また精巧に作りこまれた脚本、息をもつかせぬハイスピード&緊張感漲るダイナミックな展開、そして善悪を超えた魅惑的なキャラクターは、『チェイサー』をも凌駕し、究極なる衝撃を放つクライム・サスペンスとなっている!!

★『チェイサー』でタッグを組み、今や韓国映画界で確固たる地位を築いた2人が、その脚本の素晴らしさから再びナ・ホンジン監督の元へ集結。鋭い感受性を備えた演技力で、『ノーボーイズ、ノークライ』、『国家代表!?』等、変化に富んだキャラクターの数々を自在に演じてきたハ・ジョンウ。本作ではさらなる変身ぶりと、成熟した演技力で、悲哀を背負うグナムを見事に体現している。『チェイサー』で、08年の映画賞で男優賞をはじめ数々の栄誉に輝いたキム・ユンソクは、『亀、走る』、『チョン・ウチ 時空道士』でトップスターとしての地位を不動のものとし、本作では徹底的な役作りからキャリア史上最も卑劣な役、悪の道に生きるミョンを演じている。この2人でしか生み出せない圧倒的なカリスマ性が観客に息を呑むほどのスリルを与える!!

★第64回カンヌ国際映画祭で上映されたインターナショナルバージョンでの収録!

【ストーリー】
延辺朝鮮族自治州でタクシー運転手を営むグナムは借金の取り立てに追われ、韓国に出稼ぎに行った妻とは音信が途絶えていた。借金を返そうと賭博に手を出し逃げ場を失ったグナムに、殺人請負業者ミョンは韓国へ行ってある人間を殺したら借金を帳消しにすると持ちかける。グナムは苦悩の末に、借金を返す為、そして妻に会いたい一心で密航船に乗り黄海を渡る…。しかし、そこで彼を待ち受けていたのは、深奥なる闇だった―。

【キャスト】
ハ・ジョンウ、キム・ユンソク、チョ・ソンハ

【スタッフ】
監督・脚本:ナ・ホンジン

【映像特典】
ナ・ホンジン監督インタビュー
東京国際映画祭 ティーチイン
予告編(オリジナル、日本版)
人物相関図(キャスト&スタッフ プロフィール)
内容(「キネマ旬報社」データベースより)
『チェイサー』のナ・ホンジン監督によるクライムサスペンス。出稼ぎ中の妻と離れて暮らすタクシー運転手・グナムは、賭け麻雀で借金を負う。窮地に立たされた彼は、借金返済のため韓国に密入国し、殺人請負業に加担することを決意するが…。



冒頭は、やはり「日本海」が「東海」となっていましたね…。
そして差別はどこへ行っても…あるもんですよねぇ。
前回の「チェイサー」は本当に衝撃的だったし、最後の犠牲者の殺戮シーンは背筋が凍る。
今回はそれほど衝撃ではないんだけど、暴力シーンは生々しい。
けど、「オールド・ボーイ」とダブッていて、あまり斬新なものではなかった。
それよりも、微妙なユーモアが散りばめられていて…。
例えばグナムがバスで検問に引っかかり、
警官に抵抗している時に他の警官が誤って味方を撃って、その撃った警官が泣きわめていたり、
鋭利な刃物に切られても普通に抵抗して、逃げ場を失って海に飛び込んではすぐに港につき、
物すごい勢いで横転したトラックから、また別の車に乗ってカーチェイスを繰り広げたり…。
何があっても普通にいられる悪どもが、とにかく面白かった。
ターミネーターもビックリだよ。
ただ、あまり記憶に残らない作品になっていたな。
そうか、惨殺シーンの一部がぼやけていたからだ。
あのボカシが無ければ印象残っていたと思う。
「パニッシャー・ウォー・ゾーン」だったら、同じ15禁で普通に無修正でしたからね。
しかし、「チェイサー」と比べちゃうとやや劣っているかな…。
今後も期待しましょう。


評価は86点。

nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

映画批評 その439 「蒼穹のファフナー HEAVEN AND EARTH」 [批評-映画]

健在の世界観とテーマ、そして映像美に酔いしれろ!

蒼穹のファフナー HEAVEN AND EARTH [DVD]

蒼穹のファフナー HEAVEN AND EARTH [DVD]

  • 出版社/メーカー: キングレコード
  • メディア: DVD


登録情報
出演: 石井真, 木村良平, 喜安浩平, 松本まりか, 仲西環
形式: Color, Dolby, Widescreen
言語 日本語
画面サイズ: 1.78:1
ディスク枚数: 1
販売元: キングレコード
DVD発売日: 2011/09/21
時間: 93 分

商品の説明
内容紹介
今回の劇場公開作「蒼穹のファフナー HEAVEN AND EARTH」は実に6年ぶり、ファン待望の最新作。 TVシリーズから二年後が舞台のストーリーである。
パッケージ仕様:トールケース仕様
映像特典:TV-SPOT集
封入特典:20Pブックレット
内容(「キネマ旬報社」データベースより)
未知の生命体「フェストゥム」と人類との闘いを描いたSFシリーズの劇場版。「蒼穹作戦」より2年。少年少女たちが平和に暮らしていたある日、一隻の艦が竜宮島へ打ち揚げられる。中にはひとりの少年が眠っていた。そして、平和は突如として破られる。



やっぱ劇場版になってもすごい。
以前よりも映像がクリアになったし戦闘シーンも迫力を増してきている。
そして、それにも劣らずシナリオも最高の出来栄え。
けれど、約90分はちょいと短いかな…。

何はともあれ、「痛み」や「苦しみ」について考えさせるものだった。
近年の若者は生きている意義が見出せないまま、非日常的な行為へと走るらしい。
それは「痛み」という事を体感して「生きている」事を確認したくなるというのだ。
まあ今となれば重犯罪や重大事故が相次ぎ、むしろ日常と化してしまっている。
そして「苦しみ」。
人はどちらかといえば、楽な方へ楽な方へつい考え実行してしまう。
だが、ちまたの初老の話を聞けば、
「楽という言葉の後に「く」がやってくる、つまり「苦」が楽の後にやってくるのだ」
と、なるほど語呂合わせでも筋の通るものだと思った。
楽な事をする前に、やはり苦に関して忍耐力を付けなければならないだろう。
そもそも「生きている」事自体が苦しみであり、悩みは付きものである。
苦しみから逃れて平和を望もうとも、その平和はもろく崩れ去るだろう。
色々な感情が出てくるのは、何よりも「生きている証」であり、
人生をより楽しむための「糧」となるため、その心を鍛えなければいけない。

しかし、カレン可愛くなってきたな~♪
剣司は以前よりも男らしくなってきてよかったし、咲良との関係が今後も気になるなぁ。
真矢は今回登場するのが少なかった…。
そして相変わらず、総士と一騎の熱い(笑)絆には胸が熱くなります。
今回もすごく感動したし、次回作も期待大ですね。


評価は98点。

nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

今さらだが『蒼穹のファフナー』を一気観 [独言]


蒼穹のファフナー DVD-BOX【初回限定生産版】

蒼穹のファフナー DVD-BOX【初回限定生産版】

  • 出版社/メーカー: キングレコード
  • メディア: DVD


登録情報
出演: 真壁一騎:石井真, 皆城総士:喜安浩平, 遠見真矢:松本まりか, 他
監督: 羽原信義, 三間雅文
形式: Color, Dolby, Limited Edition
画面サイズ: 1.33:1
ディスク枚数: 12
販売元: キングレコード
DVD発売日: 2011/04/02
時間: 755 分

商品の説明
内容紹介
蒼穹のファフナー放送5周年を記念したDVD-BOXです!
TVシリーズ全26話に加え、スペシャル番組「RIGHT OF LEFT」(再編集、再アフレコされた完全版で収録!)、angelaのシングル「Fly me to the sky」に収録されたアニメーションPV、2004年12月に発売されたキャラクターズディスク(CD+DVD)に収録されたアニメPVとファンが待ち望んだ 盛りだくさんの内容でお届けします。
11枚+特典ディスクの合計12枚の完全BOX化です。
*完売しておりました商品ですが、今回皆様のご要望にお応えしまして数量限定でアンコールプレスが決定しました。

【収録内容】
DISC1
第1話「楽園-はじまり-」第2話「告知-いのち-」第3話「迷宮-しんじつ-」
DISC2
第4話「逃航-ふなで-」第5話「約束-ちかい-」第6話「翔空-ぎせい-」
DISC3
第7話「家賊-おやこ-」第8話「確執-こうよう-」第9話「同化-わかれ-」
DISC4
第10話「分解-すれちがい-」第11話「旧新-じんるいぐん-」第12話「不在-あせり-」
DISC5
第13話「侵蝕-フェストゥム-」第14話「覚醒-せんりょう-」第15話「記憶-さけび-」
DISC6
第16話「朋友-おかえり-」第17話「生存-しかけ-」第18話「父親-おもいで-」
DISC7
第19話「真矢-まなざし-」第20話「燈火-ともしび-」第21話「咲良-みらい-」
DISC8
第22話「守護-ちから-」第23話「劫掠-おとり-」第24話「対話-ミール-」
DISC9
第25話「決戦-きょうせい-」第26話「蒼穹-そら-」
DISC10
RIGHT OF LEFT 完全版
DISC11
交響曲DVD
(『Arcadian memoryI 追憶の楽園』・『Arcadian memoryII 対話の世界』)

DISC12(特典ディスク)
ノンクレジットOP&ED・アニメPV・キックオフスペシャルダイジェスト・最終回ダイジェスト
封入特典: 88Pブックレット
パッケージ仕様:平井久司描き下ろしBOX(6面デジパック仕様)
内容(「キネマ旬報社」データベースより)
緻密な設定と壮大なストーリーで人気を博したSFアニメ「蒼穹のファフナー」の放送5周年を記念して作られたBOX。TVシリーズ全26話に加え、本作品の前日談を描いた「RIGHT OF LEFT」や総集編の「Arcadian memory」も収録。12枚組。

>太平洋に浮かぶ孤島・竜宮島。ある夏の日、
好奇心に駆られた少年達はラジオから流れ出す未知なる者の声を聞く。
「あなたはそこにいますか……」
それから数年後、竜宮島に再びその声がこだまする。
それこそ正しく未知の生命体“フェストゥム”による侵攻の合図だった。
突如飛来した金色に輝く美しき“敵”は平和な島を一瞬にして地獄へと変える。
島の大人たちはフェストゥムに対抗すべく組織された“アルヴィス”の人間だった。
彼らにより、島は武装した要塞へと姿を変え、死力を尽くした抵抗が始まる。
搭乗予定者・蔵前の死により窮地に立たされたアルヴィス司令・皆城公蔵は
最適格者である真壁一騎の実戦投入を決断する。
幼馴染みの皆城総士に促されるまま、一騎は人型決戦兵器・“ファフナー”に搭乗する。
なんの疑いもなく信じていた世界は偽りだった。
仰ぎ見ていた美しい空も偽りだった。
祖国日本は既になく、人類はフェストゥムの侵略で全滅の危機に瀕していた。
一騎は尋ねる。「俺たちはどこへ行くんだ?」。
総士は答える。「楽園だよ」。
こうして、少年たちは人類の存亡をかけた激しい戦いの渦に巻き込まれていくのだった。


風邪(?)でぶっ倒れている間、時間を持て余していたので何か良いものないか探していたら、
たまたま本作品を見つけて一気観しました。
(その他に『瀬戸の花嫁』などを観ていましたが…)

2004年に製作されたアニメなんですね。
その頃はちょうど高校一年生で、たしか「24-twenty four」にハマッていた時期だと思います。
作画が「ガンダムSEED」(だったのかな)で、慣れるのにしばらく掛かりましたが、
しかし内容がとてつもないテーマで、「エヴァ」や「ぼくらの」とは一線を画す素晴らしいものでした。
(ただ、個人的に好きだったキャラが早々死んでしまったのがショックだったけど…)
「戦争」しか知らない人生って辛いですね…。
数カ月か前にイランについてのドキュメンタリーがあり、
同じような事を切実に訴える人たちを観て「今の日本」と重ね合わせながら観ていました。
こんなに恵まれている環境にいるにもかかわらず、
自分の思い通りにならないからって直ぐに物事を投げ出してしたり、
自分の非を認めずに他人のせいにして責任を逃れたり、
又は保身のために苦痛を弱者に強いて権力を保ったり、
必要以上に求めすぎて欲を満たす事ができなくて制御できなかったり…。
また、一貫して「あなたはそこにいますか―」の台詞が登場し、
人としてではなく、この宇宙の中にある個々の命に対して問われているように思える。

しかし、前半と後半はえらい違いでしたな。(笑)
脚本をみると途中で人が交代していて、前半の伏線を見事に回収しながら無駄なく進行している。
(もしかしたら、意図的にそうしていたのかもしれませんが…)
前半は羽佐間翔子がけっこう好きだったんだけど、まさか最初に幕から消えるとは思わなかった。
その辺で既に泣いていましたね(よくも殺したな~っと)。
そして中盤辺りから出てきたカノン・メンフィスが、これまた良いんですよ。
ずっと死に場所を求めてきて、命令されるがままに生きてきた彼女が、
一騎に説得されて、また仲間や面倒をみてくれる羽佐間翔子の母・容子の優しさに触れて、
徐々に生きる希望と喜びを身に染めてくるんですよね。
そして蒼穹作戦前で発つカノンが容子に、戦いが終わって無事に生きていたら、
お母さんと呼ぶよというシーンには、もろに涙がこぼれました。
カノン、生きていてくれてありがとう!(笑)

そして、本編の前日譚にあたる「~RIGHT OF LEFT」は本編以上に号泣!
>『蒼穹のファフナー』から一年前、
人類軍とフェストゥムの両方から追われ身を隠してきた竜宮島は、
フェストゥムに探知される危機を迎えていた。
未だ戦闘準備の整わない竜宮島は、
ついに「L計画」という危機回避プランを実行に移す事を決定する。
それは、島の一部・アルヴィス左翼部L区画を切り離して囮とし、
本島へのフェストゥムによる探知をかわすという陽動作戦だった。
将陵僚・生駒裕未ら8人の少年少女達は、
対フェストゥム兵器ファフナー「ティターン・モデル」のパイロットとして
過酷な戦いに身を投じる事となる。

一時間も満たないのに内容はギュッと凝縮していて、骨子がとても頑丈。
平和だと思われているセカイの陰で
一所懸命生きて戦い散っていった人たちの姿は切ないものでした。
エンディングテーマの聴くたびに、美しく儚く舞台を去る将陵僚と生駒祐未の最期のシーンと、
僚が飼っていた犬がコックピットに辿りついて永遠の眠りにつくシーンを思い出します。


僕たちは、常に誰かが勝ち取った平和を譲ってもらっているんだ。
たとえそれが一日限りの平和だったとしても、僕はその価値に感謝する

この総士の言葉は、とても重いものです…。(泣)

まだ劇場版は観ていないけど、これは期待できます。
もっと早くこの作品に出会いたかったな~。^^;
ではでは。
nice!(55)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

またぶり返しそうで…。 [独言]

だいぶ身体が良くなったかなと思って、ちょこっと外出したら、案の定、咳が酷くなりました…。
まだ完全に治って無かったんだな。

そんなわけで、いろいろとCDを借りてきました。

Non stop road/明日への帰り道(夏色盤)

Non stop road/明日への帰り道(夏色盤)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ランティス
  • 発売日: 2012/04/25
  • メディア: CD



dots and lines loves Mummy-D(ライムスター)/とめる

dots and lines loves Mummy-D(ライムスター)/とめる

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: フォーライフミュージックエンタテインメント
  • 発売日: 2012/05/23
  • メディア: CD



告白(初回生産限定盤)(DVD付)

告白(初回生産限定盤)(DVD付)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: DefSTAR RECORDS
  • 発売日: 2012/05/30
  • メディア: CD



祈り ~涙の軌道 / End of the day / pieces

祈り ~涙の軌道 / End of the day / pieces

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: TOY'S FACTORY Inc.
  • 発売日: 2012/04/18
  • メディア: CD



この世界を誰にも語らせないように

この世界を誰にも語らせないように

  • アーティスト: 石川智晶,西田マサラ
  • 出版社/メーカー: flying DOG
  • 発売日: 2012/04/25
  • メディア: CD



やっぱ平井堅っていろんな意味でスゴイと思います。^^;
(「告白」のPVが凄い事になっていて…言葉が出てきませんでした)

nice!(40)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

なぜオレ様が熱に浮かさねばならぬ…。 [恋愛]

「もう、あそこまで画策していたのに!」の続き…です。

BさんはA君に、もしかしたらBさんは自分の気持ちにけじめを付けるつもりでメールしたのでしょう。
「彼女出来たんだね、おめでとう」
といった内容を。

だが、それからドンドンおかしな方向へ…。
(この辺は私自身も知らないので書きません)
恐らくは、A君もBさんも、どのようにして返信すればいいのか戸惑っていたと思いますね。
なにせA君から何度もメールで助けを求められたから…。
(その後もBさんから色々なメールが来ていて、オレ様自身もどうすればいいのか戸惑ったが)
ただ、Bさんは少なからず悔しい思いがあったでしょう。
タイミングがあと少し早かったら、無事に付き合う事ができたかもしれない。

いや、もしかしたら私みたいに「安心」してしまって、
あるいは「今」のままの仲で維持したい(その一歩を超えるのが怖い)とか、
色々な想いがこの数カ月間にあったと思います。

まあ、Bさんは最初のメールだけで何とか区切りをつけようと思ってた様で、
でもA君は「返信しなきゃやばいな」と思って、何度か(妙な口実で?)送っていたそうで。
しかも第三者(つまり私)にアドバイスを求めるのも、それは失敗だったと思いますね。
(あくまで参考程度にとどめたほうが無難)
やはりこれは二人だけの問題だろうし、
自分が思っている事や意見を大事にしてもらいたかったな…。
そういった、それぞれの「ズレ」が積み重なって、思ってない事をつい出してしまうことにより、
最後ら辺はかなりしんどかったです…。^^;

まあ、何はともあれ恋愛など人と関わり合うこと以上は、傷つくことを避けられる事は出来ない。
これを経験して積み重ねていかなきゃ人生楽しめないだろうし、
(ドSの自分としてはかなり危ないところへ走りそうだが)
問題点を見つけて失敗しないようにする勉強になると思う。

そんなこんなで、普通なら当事者が倒れるはずが、暁が倒れてしまいました。(笑)
(二人から色々と聞いたので、かなり困惑した…ような)
いや、土曜日は結構雨が激しく降っていて、その中で街頭折伏をしていましたからね。
その日の夜のうちに熱が上がってぶっ倒れ、今ようやく治りかけているところです。
やっぱり気温の急激な変化に体が障りましたな。
皆様も、今日からまた暑くなるので、くれぐれも体調管理を徹底されますようにお願いします。

タグ:単なる独言
nice!(17)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

映画批評 その438 「自殺サークル」 [批評-映画]

「あなたはあなたと関係ありますか?」心と体がかけ離れた日本は、救われるか?

自殺サークル [DVD]

自殺サークル [DVD]

  • 出版社/メーカー: 大映
  • メディア: DVD


登録情報
出演: 石橋凌, 永瀬正敏, さとう珠緒, 宝生舞, 嘉門洋子
形式: Color, Dolby, Widescreen
言語 日本語
画面サイズ: 2.35:1
ディスク枚数: 1
販売元: 大映
DVD発売日: 2002/07/12
時間: 99 分

商品の説明
内容(「キネマ旬報社」データベースより)
『自転車吐息』の園子温監督、石橋凌、永瀬正敏共演によるミステリーサイコホラー。新宿駅ホームで54人もの女子高生が一斉に投身自殺をした事件をきっかけに、各地で集団自殺が頻発し本格捜査が始まる。ショッキングな描写も交えた衝撃作品。
内容(「Oricon」データベースより)
自殺を題材にした和製サイコ・ホラー。監督は園子温、出演は石橋凌、永瀬正敏、さとう珠緒ほか。












さすが園監督!
絶妙(?)でシュールな笑いが冴える。
本作品は『紀子の食卓』の前日譚にあたり(実際は長編PVのようだが)、
驚きのキャストで奇妙な世界観を描いている。
自殺とは何だろうか…?
現実を悲観し絶望し、なす術が無くなるから命を絶つのか。
生きる意味が無いゆえ自分勝手に死ぬからか。
現実に飽きてしまったからか。
「あなたはあなたと関係ありますか?」
あのガキ共はずいぶんとませていやがるな…。
確かに都会に暮らせば、自然と心が淘汰されて実存主義等に陥りやすい。
言葉だけが独り歩きし始め、心は置き去りにされていく。
そのギャップが苦しみを生み、
「自分は何者なのか?」
「自分は必要とされている人間なのか?」
「自分はもしかしたら不必要な人間じゃないか?」
「生きているよりも、死んだ方が楽になれるんじゃないか?」
などのような事を経験するだろう。
(なんか「恋の罪」の「言葉を覚えるんじゃなかった」を思い出す…)

実際に自殺未遂でとどまった自分としては、それなりに興味が持てる内容だった。
最後の「勝手に生きろ」は監督のメッセージそのものだろう。
あなた自身は結局あなた自身であり、私も私自身でしかない。
わざわざキャラを作って生きる事はないし、
むしろ、心の奥底に眠る「本来の私」を目指すことが重要ではないか。
それを自覚すれば自殺する事はないし、絶望する必要もなくなる。
ただ、そのためには善縁にあわなければ話が進まない。
宗教に非常に警戒心を持つ日本人にとっては、この課題は困難を極めるものだろう。
人生は自分ひとりの力では何もできない。
親がいて、叔父や叔母がいて、友達がいて、先輩や後輩たちなどがいて、
また自分の知らない人たちでも、見えない所で支えてくれている。
この間のサッカーだってそうでしょう。
何も監督や選手が強いから勝ったのではなく(もちろん実力はそうでしょう)、
サポーターたちの熱い応援があったからこそ選手たちの闘志が燃え、
勝利する事ができたのでしょう。
一人ひとりがもう少し「命」について真剣に考えれば、宗教の必要性というものを感じると思います。

しかし、本作品で一番印象に残っているのは、ローリーの脚の動きと強烈なソング…。
思い出しただけでも腹筋崩壊ですw


評価は…あえて66点。

タグ:映画批評
nice!(18)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

もう、あそこまで画策していたのに! [恋愛]

ども、何かとツイッターで暴走している暁です。(笑)


先日に恋の相談(らしきもの)がありましてね。



経緯はさかのぼる事3カ月前。
カラオケでオレ様がメールしている間にA君が、
「誰にメールしてるの?」
と聞いてきたものだから、
「Bさんだよ」
と答える。すると変に勘ぐって、
「マジかよ~、それってどんな内容?」
と聞いてくる。
「そりゃあ、原稿の依頼に決まってるだろ。オレ様を何だと思ってるんだ」
そこから、余計な事を言うXが、
「いやいやー、もしかしたら誘ってるかもしれないよw」
的な意見をA君に吹きかける。

そこから急に恋バナが始まり、Bさんをめぐる奇妙な関係をXが妄想し始めた…。
(この後でBさんに色々とやり取りをして、気になっている人がいるよと伝えたが、省略)

てなわけで、それからずっとオレ様と有志一同がA君とBさんをくっつけるために画策を実行した。
ちょうど二人は失恋したばかりで、年も同い年であり、比較的安定的だった。
とあるイベントでも、冷やかしながら何とか二人だけの場を作ったのだが、
やはり友達から恋人同士へ変わるのを何かしら恐れていた…。

で!!

先日、Bさんからメールで「A君って付き合っている人いませんか?」なる内容を、
オレ様に送信してきた。
(コイツはしめたぜ)
と内心わくわくしながら、早速A君に「イマ彼女いるかー!」とメールした。

が!

このやり取りがすごく面倒くさかった…(ここも省略)。
彼女がいるか聞きだすまで30分も掛かりましたよ。(笑)

ようやく「・・・マジか、俺いま彼女がいるんだよね(汗)」
と白状したため、まさかの結末を迎えようとしていた。
この事をBさんに伝えて終息するかと思ったら、
BさんはA君にメールをしてしまった事から<カオス>が突如として湧き起こるのだった。

時間が来てしまったので、この話題は続くかもしれません。(苦笑)

nice!(23)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

昨日の地震でスカイツリーの前に電車が止まりまして… [独言]

六月最初の土曜日ですねぇ、皆様はいかがお過ごしですかー?


昨日はホント参りました…。
菩提寺へ塔婆の御焼香をしに東武スカイツリー線の電車に乗っていたら、
午後六時前の地震によってスカイツリーの目の前で緊急停車しました。
帰りもいまだ安全確認中っという事でホームは人人でごった返し、入場制限していましたよ…。
(黄色い線の外まで人がはみ出していて、本当に危険でしたね)

自分は極端な性格なので、すぐさま強制退場し、徒歩で自宅まで帰りました。
いわゆる(小規模な)帰宅困難者の再現…。^^;

最近は母の体調が悪く、家事はほとんど自分でこなしています。
料理は遺伝的にうまい方らしく、
ほぼ毎日おかずを作っているので味付けが上達しているっぽいです。


「ぼくらの」をひかりTV見放題でやっていたので、イッキ観しました。

アニメは原作と徐々に違った展開を見せていたけど、
やっぱり一話完結型の方がしみじみと感じさせましたね。
でも、アニメのあの結末はまさに「ものがたり」でちょこっと感動しました。
「アンインストール」は物語とよくリンクしていて何度も聴きたくなります♪

最近は以下の曲を聴く事が多くなりました☆














で、寄り道して「恋の罪」など映画を借りてから帰宅しました。
さっそくイカの照り焼き作って(イカちゃんゴメンネー)、
ビールが足りないという事で近所のローソンに行って、
さりげなく「夏色キセキ」のクリアファイルも貰ってきて乾杯と。

食器洗ってゴミを出し、シャワーを浴びてから「恋の罪」を鑑賞。
園監督にしては珍しく、144分が長く感じた。
あまり緊張感が無い。
「女の業」は痛いほど分かったから、そこから何を引きだしたのかは微妙。
唯一よかった(?)のが、あのお茶会のシーン。
あの婆さんがかなり印象に残りました…。
それから自殺した赤い服の女性が登場するところはホラー並みに怖かったわ。
アンジャの小嶋と水野美紀の印象が薄いんだわ。
映画で久々にセックスに対して生理的に嫌悪感を抱いたわ。
この作品を見て不快感を覚えた方は、こちらをぜひ読んでもらいたい。

女の一生の「性」の教科書―女医が伝えたい「知っておくべきこと」 (ブルーバックス)

女の一生の「性」の教科書―女医が伝えたい「知っておくべきこと」 (ブルーバックス)

  • 作者: 河野 美香
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2012/02/21
  • メディア: 新書


こちらは老若男女問わず必読の書だと薦めます。
難しい語がたまに羅列しているが、女性の「性」について男でも分かりやすく解説しています。
これを読んで、あらためて人体の不思議さと感動と、
性について大人の責任の重大さを感じました。

やっぱり平安時代の頃の女性の手による文学の方が面白いな。

nice!(36)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog
暁のファン募集中です☆ ヨロシクです(^^)/~~~

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。