So-net無料ブログ作成
検索選択

映画批評 その444 「ヒミズ」 [批評-映画]

出だしはアレだが、物語が進むにつれて、人の存在意義の核心を衝く。




登録情報
出演: 染谷将太, 二階堂ふみ
監督: 園子温

商品の説明
内容紹介
「生きろ」と、君が言った。

■鬼才:園子温×奇才:古谷実
「行け! 稲中卓球部」のカリスマ漫画家・古谷実の超問題コミックがまさかの実写映画化!
この実写化を実現させたのは刺激的かつ野心的な作風で今、最も目が離せない映画監督・園子温。
日本の漫画界、映画界を代表する2人が奇跡のタッグを組む!

■世界が絶賛した、新たな2つの才能。 染谷将太×二階堂ふみ
主演の染谷将太と二階堂ふみを世界が絶賛。
第68回ヴェネチア国際映画祭にて、日本人初の快挙となる最優秀新人俳優賞(マルチェロ・マストロヤンニ賞)をW受賞!

■主演の周りを固める豪華個性派俳優たち!
主演2人の周りを固めるのは、渡辺哲、吹越満、神楽坂恵、光石研、渡辺真起子、黒沢あすか、でんでん、村上淳など個性派俳優たち。
さらに窪塚洋介、鈴木杏が初めて園作品に参加した他、過去の作品で高評価を得た吉高由里子、西島隆弘(AAA)が再び参加。
豪華キャストがここに集結!

<初回生産限定特典>
アウターケース
原作者・古谷実描き下ろしイラストポストカード
<音声特典>
監督によるオーディオ・コメンタリー
<特典映像>
キャスト・プロフィール(静止画)
メイキング
ヴェネチア国際映画祭の模様
ヴェネチア国際映画祭受賞後の主役2人の記者会見
初日舞台挨拶
サプライズ舞台挨拶
未公開映像
予告編集(劇場予告編/TVスポット)

【STORY】
住田祐一、茶沢景子、「ふつうの未来」を夢見る15歳。
だが、そんな2人の日常は、ある“事件"をきっかけに一変。
衝動的に父親を殺してしまった住田は、そこからの人生を「オマケ人生」と名付け、世間の害悪とな
る`悪党'を殺していこうと決めた。
自ら未来を捨てることを選んだ住田に、茶沢は再び光を見せられるのか ──。

【CAST】
染谷将太
二階堂ふみ

渡辺 哲
吹越 満
神楽坂
光石 研
渡辺真起子
黒沢あすか
でんでん
村上 淳

窪塚洋介
/
吉高由里子
/
西島隆弘(AAA)
/
鈴木 杏

【STAFF】
監督・脚本:園子温
原作:古谷実「ヒミズ」(講談社『ヤングマガジン』KCスペシャル所載)(C)古谷実/講談社
製作:依田巽/吉岡富夫
エグゼクティブプロデューサー:小竹里美
プロデューサー:梅川治男/山崎雅史

発売元:ギャガ
(C)「ヒミズ」フィルムパートナーズ
内容(「キネマ旬報社」データベースより)
『パンドラの匣』の染谷将太主演で贈る人間ドラマ。衝動的に父親を殺してしまった少年・住田は、以後の人生を「オマケ人生」として悪党退治を始める。一方、住田に想いを寄せる少女・茶沢は彼を救うために…。原作は『行け!稲中卓球部』の古谷実。



個人的に、想像と違った展開で少し物足りなく感じたが、
あの静けさと衝動さのバランスは絶妙で良かった。

思えば、実はあの父親を殺した後に包丁を紙袋に入れて徘徊するシーンに、
階段から下りて三人組に絡む所は、自分がほぼ毎日通っている橋です。(笑)
たまたま大学の帰りで22時を過ぎた頃、そこを通ろうとしたらスタッフに止められて、
「ただいま映画の撮影中なので、しばらくお待ちください」
と待たされたところだった。(笑)
まさか、あの人が染谷将太だったんですねー。
彼の前を横切った時、思ったよりも背が小さかった気が…。
あと、北千住も映ってましたね!
もろにオレ様の日常の中に紛れこんでるww

やはり、足立区はこういうイメージがあるのだな…。


そうか、これは「荒川アンダー・ザ・ブリッジ」と「罪と罰」のコラボなのか!?(爆)


それはともかく、最初は主人公とヒロインが無意味に殴りあうところは
精神的に嫌悪感マックスだったけど、それ以降からは文学的な流れでいい。
人を殺めてしまった以上、しかも父を殺した事により、
主人公の絶望感というものは半端ない。
いや、それ以前から最悪な環境の中にいたのだが、
それでも自分なりの考えをもって消極的ながらも生きてきた。
しかし、自分の存在を否定されてしまったのならば、
しかも親からその言葉を聞かされたら、自分は何のために生きているのか、
やり場のない怒りがついに爆発する。
これで狂わなかったら、心の無い、人に非ずの者になってしまう。
心があるからこそ、そこからの主人公の行動が大きく出る。

原作は読んでいないので比較はできませんが、ラストはあの結末で大正解だったと思います。
ラストになって「やっぱ俺サイテーな人間だ…」と諦めていたら、
今までの事が水泡に帰してしまうんじゃないだろうか。
いったい何のために、こんな苦しみ・悲しみを共有してきたのか。
底知れない闇に見つけた、輝きを放つ一輪の花を、どうしてへし折る事ができようか。
最後の叫びは、もしかしたら現代日本映画史に残る、秀逸なカットかもしれません。

本当に、良い映画でした。



評価は、染谷将太と二階堂ふみの凄まじい演技、そして有望な将来を加味して、90点。

タグ:映画批評
nice!(21)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

映画批評 その443 「映画 けいおん!」 [批評-映画]

中身が問題じゃない、放課後ティータイムがすべてだ!(笑)



登録情報
監督: 山田尚子
形式: Color, Dolby, Limited Edition
DVD発売日: 2012/07/18
時間: 109 分

商品の説明
内容紹介
2011年12月3日から全国で公開され、大ヒットを記録した映画「けいおん! 」待望のDVD化!



<ストーリー>
卒業を控えた軽音部3年生 唯、澪、律、紬の4人は、いつもどおり部室でお茶したり、バンドの方向性を話し合ったり?とゆるやかな時間を送っていた。
そんなある日、教室で同級生たちが「卒業旅行」を企画していることを知り、唯たちも卒業旅行に行こうということになる。
そのことを聞いた梓も参加することになり、各自、候補地の希望を出す中、くじ引きの結果「ロンドン」へ行くことに決定!
ガイドブック等旅行の準備をしながら、各自、ロンドンへの思いをはせる。


<スタッフ>
原作:かきふらい(芳文社「まんがタイムきらら」連載)
監督:山田尚子
脚本:吉田玲子
キャラクターデザイン・総作画監督:堀口悠紀子
美術監督:田村せいき
色彩設計:竹田明代
撮影監督:山本 倫
楽器設定:高橋博行
音響監督:鶴岡陽太
音楽:百石 元
アニメーション制作:京都アニメーション
配給:松竹

<キャスト>
平沢 唯:豊崎愛生
秋山 澪:日笠陽子
田井中 律:佐藤聡美
琴吹 紬:寿 美菜子
中野 梓:竹達彩奈
[発売元]
TBS・桜高軽音部

(C)かきふらい・芳文社/桜高軽音部

本編109分/16:9/カラー/本編5.1ch&2ch/ドルビーデジタル

・音声:オリジナル音声5.1ch(ドルビーデジタル)
オリジナル音声2.0ch(ドルビーデジタル)
・字幕:無し
内容(「キネマ旬報社」データベースより)
09年のTVシリーズ開始以来、多くの記録を更新し社会現象を巻き起こした大ヒットアニメの映画版。卒業を控えた唯たち軽音部3年生は、後輩の梓を加えて卒業旅行を計画。行き先はロンドン。ロックの聖地で5人が珍騒動を巻き起こす。


※いつもご訪問ありがとうございます。
  諸事情により、ソネブロの皆さまへnice!のお返しする時間が遅れています。
  申し訳ありません。m(_ _)m


待ちに待った、「けいおん!」の映画版。
公開した時期は冬なので、今の夏では暑苦しい服装なのだが(笑)、
いつも通りのゆるっとした雰囲気が良い。
amazonのレビューは絶妙な賛否で分かれているが、個人的には、全ッ然アリ!
日常系にアレコレと望むべきではないでしょう。
むしろ、日常の中にある「気付き」というのが大事ではないか。
何気ない日常、それを惜しむ事なく時間は過ぎていく。
限られた高校生活の中で何を楽しみ、かけがえのない思い出を紡ぎ出すのか。
一期から様々なネタが散りばめられ、いつの間にかここまで来たんだなっと、
従来のファンから観て彼女たちの思い出を共感できるところも、また良い。


評価は95点☆
やっぱ、あずにゃん可愛いよな~♪

タグ:映画批評
nice!(38)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

失われた命と、繋ぎとめられなかった命と…。 [独言]

昨年の3.11で日本のみならず、全世界において、
改めて命の尊さと儚さと、未来の子孫へ残す財産について大きな課題を自覚されたはずだった。

しかし、人の業というのか、比較的罹災から遠ざかるにつれて、
「あの時」の悲劇や苦痛というものが忘れ去ってしまう。
忘れる事も時には大事なのだが、しかし、同じ悲劇を繰り返さないためには、
その時の悲劇や苦痛を心に留めて学習する必要がある。
そして、後世に轍を踏まないように記録を残す事が肝心となってくる。

東日本大震災の死者15,867名(警察庁7.11現在)の失われた命は、
この数字だけでは計り知れないほど、重いはず。
しかし、養老某が指摘するように、私たちの社会は「死」からかけ離れたところにいる。
約1000年前は、『羅生門』でも分かるように、遺体は「生」と比較的近くにあった。
思えば宗教も、死とは切っても切り離せないところに共存していた。
近代によって合理的な、おそらく実存的な事に重きをなしたことにより、
不合理な「死」を次第に隔離するようになってきたのだろう。

それから先日、小さな命がわずか1週間足らずで灯が消えていった。
名もなき赤ちゃんパンダ
生後1週間が勝負のようで、しかも初産は死亡率が高いとも言われる。
その試練の時に惜しいところで、命を繋ぎ止める事ができなかった。
その悲報が一般市民に伝わると、誰もが哀しい表情を浮かべ、
小さい子どもたちは悲しみに沈んで涙を流していた。
動物園の会見でも、やはり今まで24時間体制で見守ってきた方々は泣き、
その悔しさは誰もが同じように感じたと思う。

まして、まだ太陽のように輝く事ができずに命を絶たされてしまった、
大津中学二年生の悔しさ・悲しさというものを、どうして憤りせずにいられようか。
加害者側の行為は常軌を逸しており、大人顔負けの立派な犯罪をしてきた。
にもかかわらず、この数カ月に不祥事を恐れて隠ぺいし続けた学校や大津市教委、
また大津警察署が遺族の受理を3度も拒否し、事なかれといったなおざりな対応に、
どうして非難せずにいられようか。
さらに、その隠ぺい体質から漏れてくる陰湿で残虐な実態に、冷静でいられようか。
もはや酌量の余地は無し、加害者の少年らを実名すべきではないだろうか。
中学生であれば物事の分別はだいたい付いているはず。
してはいけない事を罰するのは当然ではないか。
人の命を軽視し、もてあそび、二度と戻ることのできない命を絶たせた加害者らを、
未成年というだけで「人権」を盾に実名公開しないのであれば、
この国の憲法はもやは絵にかいた餅だ。
明らかに人権侵害ではないのか?

残された命は、この先どのようなところへ向かうのだろうか。
命を奪った代償は、生きている間に払えるほど、軽くは無い。
それは死後も、運よく人間に生まれ変わっても、罰を受け続けなければならない。

タグ:独言
nice!(32)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

映画批評 その442 「トイ・ストーリー3」 [批評-映画]

確かに大人も楽しめる事が出来たんだけど…結局一元論になってしまったのが残念。



登録情報
出演: ディズニー
形式: Color, Dolby, DTS Stereo, Dubbed, Subtitled, Widescreen
言語 英語, 日本語
字幕: 英語, 日本語
リージョンコード: リージョンA (詳細についてはこちらをご覧ください DVD/Blu-rayの仕様。)
画面サイズ: 1.78:1
ディスク枚数: 2
販売元: ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
DVD発売日: 2010/11/03
時間: 103 分

商品の説明
内容紹介
この冬、おうちで一緒に「トイ・ストーリー3」!!
何があっても、みんな一緒だ。おもちゃ史上最大の大脱走が始まる!!

『トイ・ストーリー3 ブルーレイ+DVDセット(ブルーレイケース)』
ブルーレイ1枚、DVD1枚のセット。「ブルーレイ+DVDセット」はブルーレイのケースを使用しています。

ディズニー・アニメーション最速!!日本興収100億円突破!
全世界興行収入 10億ドル突破!!

長編CGアニメーション第1作の『トイ・ストーリー』発表以来、『ファインディング・ニモ』や『カールじいさんの空飛ぶ家』など、数々の感動作で世界中の心をつかみ続けてきたディズニー/ピクサーの集大成にして最高傑作!
ウッディやバズなど、お馴染みのおもちゃや新登場のおもちゃたちが繰り広げるハラハラ・ドキドキのアドベンチャーを、心温まる&泣ける感動ストーリーで包んだ、この冬一番のブルーレイです。子供も大人も、年配の方々も、家族一緒でも、友達と一緒でも、どんな見方をしても大満足の『トイ・ストーリー3』。もちろん映像も音声も最高のクオリティで、様々なボーナス・コンテンツも収録。そして劇場公開時にも上映された短編『デイ&ナイト』も収録されます!

<ストーリー>
カウボーイ人形のウッディと仲間たちは、大好きなアンディとの別れが近づいたある日、手違いで保育園に寄付されてしまう。「もう一度子供と遊べる!」とはしゃぐバズたち。だがそこは、おもちゃを破壊しまくる凶暴な幼児たちが集まる、おもちゃにとっての地獄だったのだ…。

<「ブルーレイ+DVDセット」内容>
・ブルーレイディスク 1枚
・DVD 1枚

※「ブルーレイ+DVDセット」はブルーレイのケースを使用しています。

<同時発売>
『トイ・ストーリー3 スーパー・セット (ブルーレイ&DVD)』
『トイ・ストーリー3 DVD+ブルーレイセット(DVDケース) (DVD&ブルーレイ)』
『トイ・ストーリー3 コレクターズ・ボックス (数量限定) (ブルーレイ&DVD)』
『トイ・ストーリー ブルーレイ・トリロジー・セット (期間限定) (ブルーレイ)』
ディズニー/ピクサーの名作 ブルーレイ 5タイトルを新価格で新発売!

<2010/12/1発売>
『トイ・ストーリー3 (DVD)』
内容(「キネマ旬報社」データベースより)
オモチャのウッディとバズの冒険を描いたディズニー/ピクサーアニメ第3弾。アンディが大学進学のため家を出ることに。ご主人様を失ったウッディたちは保育園に寄付されてしまう。ブルーレイケース入り、BDとDVDのセット。


う~ん、何かものすごく惜しかったな、あのクライマックス。
良い題材を選んでいるのに、
(ぶっちゃけ言えば、とある児童絵本が既に出ているネタなので新鮮さはない)
ロッツォの心変わりが無かった事はいただけない…。
極端すぎる。
それとも悪の美学を貫くため?
まあ、それが無ければ、あのクライマックスが無かったわけだ。
確かメイキングで、「クライマックスは映画史に残るほど傑作だ」
とか、「ロード・オブ・ザ・リングを真似して、今回は独立した形にしたんだ」
とか言ってたけど、期待し過ぎた。
最高傑作とも謳われたけど、個人的には「~2」よりも酷かった気がする。
1と2は普通に、泣けた。純粋に泣けた。
だが、今回はそういかなかった。
一体何だろうか…?
あのクライマックスで、ロッツォがみんなを助けようとしたがアクシデントが起きて……
みたいな展開だったら、もっと別な感動があったと思います。


てなわけで、評価は62点。

タグ:映画批評
nice!(24)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:blog

ご無沙汰で [独言]

いつの間にか七月となってしまった。

実はブログ更新してない間に、中高生を対象にした中高等部の責任者になり、
主に仏法に限らず、色々な一般教養を子どもたちに教える事になった。
しかし、難しい年頃を相手にするわけだから、それなりの覚悟と努力が必要になる。

私がまだ義務教育を受けていた頃は、ふつうに体罰はあった。
規則を破ったら叩かれるのは当たり前、度の過ぎたいたずらもそうだ。
だが、いじめに関しては、ことさら対策や解決方法など、ほぼ皆無だった。

大津の自殺した中学生生徒の事件の背景は、あまりにも醜くて鬼畜であり、
人の業が為すものなのかと、かなり虫酸が走った。
ここまで激しい嫌悪感を抱くのはいつぐらいだろうか…。

いじめは日本に限らず、世界中、どこでもいつでも起こり得る。
だが、いじめと言っても、度が過ぎていればいじめではなくなる。
つまり、(暗黙の)合法的な虐待になるのではないだろうか(日本や中国などにおいては)。
語弊はあるが、今の大津の自殺事件の報道は、
事実が出るたびにヒトの影にひそむ無力さと残虐性を、ひしひしと感じさせる。

いじめが原因とされる自殺の(学校や教育委員会等)会見は、
決まって「知らぬ存ぜぬ、死んだ奴が悪い」といった雰囲気を出している。
裏を返せば、学校の評価に大きく響くだろうし面倒な事は関わりたくない、
死んでしまったのだからどうしようもない、取りあえず波風立てないように努める、
事件を風化させて無かった事にしようとする。

そう言う風に、個人的に感じるのだ。
自ら命を絶った、いや、絶たされてしまった生徒や悲しみにくれる遺族があまりにも可哀相だ。
ネットでは大津市教育委員会を「加害者を守る会だ」と非難したように、
まるで被害者が一方的に悪いと言わんばかりに逃げ回る。

私はこれから教育の第一線に立つ。
新米の私にこんな事を言うのはおこがましいが、やはり、
「人が人として振舞う事ができる教育」を目指そうと思っている。

なんだ、当たり前じゃないか。

そう思われる方はいるだろう。
だがテレビの報道(あるいは新聞など)では、果たしてそう言えるだろうか。
本当に人が人として、その責任を担い、正直に是非を認め、反省し、向上心を持続し、
自分だけでなく他をも導いていける人が、テレビの前に現れただろうか。
恐らく認知される事は少ないだろう。
むしろ、暗いニュースが多く悪いものばかりが耳に入ってくる。
ニュースは疑ってかかれ。
結局は選択されたものを見せつけられているので、本当に知りたいものを流すのはごく稀だ。

人の心をまことに養う事ができるのは結局、徳なのだろう。


※いつもご訪問ありがとうございます。
 ソネブロの皆さまにはnice!お返しや伺うことが遅くなってしまい、
 またご心配・ご迷惑をおかけして申し訳ありません。
 自分の環境が大きく変わり、ブログもあまり更新できずにいますが、
 これからも合間を縫って更新しようと思います。m(_ _)m
タグ:独言
nice!(26)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog
暁のファン募集中です☆ ヨロシクです(^^)/~~~

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。