So-net無料ブログ作成
批評-TV映画 ブログトップ

その1 『プリンセス・プロダクション・プログラム』 [批評-TV映画]



 ディズニーチャンネル・オリジナルムービーと言う事で、TV映画批評としてジャンル分けします。
 
 今アメリカのティーンエイジャーが熱狂しているディズニーチャンネル・スター、セレーナ・ゴメスとデミ・ロヴァートが初共演したTV映画。二人は幼馴染みで、それぞれの番組に出演している。
 セレーナ・ゴメスは見習い魔法使いの長女・アレックスを演じる『ウェイバー通りのウィザードたち』に出ている。小悪魔的ずる賢さでいつも問題を起こしてばかりいる役柄で、本作品でも気が強い地味(?)な女子高生・カーターを演じている。
 デミ・ロヴァートはディズニーチャンネル・オリジナルムービー『キャンプロック』で初出演。自分の本当らしさを見つける青春映画で、特に、クライマックスでジョナス・ブラザーズのジョーと一緒に歌う『This is me』が印象的。番組では『サニーwithチャンス』の主役を務めている。本作品は、とある小国のお姫様・ロザリンダ役でクーデターを起こした独裁者から逃れるために、「プリンセス・プロダクション・プログラム」という秘密組織に匿われて助けてもらったジョー将軍の家へ身を隠す。

 ジョー将軍の娘がカーターであり、世間離れしたロザリンダの行動に嫌気をさすカーターだが、一緒に居るうちに心の美しさを知ることになる。



 そこそこ面白かったなぁ。(この間観た『ロイヤル・セブンティーン』の方が面白かったのだが・・・・・・)
 でも、それぞれの役者の良い所は出ている。

 もっと注文したい事は、バランスの取れた笑いと彼女たちの成長姿を見せて欲しかった。あとは、挿入曲をふんだんに盛り込むこと。そうすれば結構盛り上がってたと思う。


 どちらかと言えばお子様向けでしたね。

 早くWOWOWに『ハイスクールミュージカル・ザ・ムービー』を放送してくれないかな?
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

その2 『キャンプロック』 [批評-TV映画]


 『ハイスクールミュージカル』に続いて製作されたディズニーチャンネル・オリジナルムービー。視聴世帯は『ハイスクール~1&2』よりも高かったと言うこの作品。
 
 あらすじ
 人気ポップロックグループ"コネクト・スリー"のメンバー、シェーン・グレイ(ジョー・ジョナス)は、度々トラブルを起こしてマスコミから悪者扱いされていた。バンド仲間のネイト(ニック・ジョナス)とジェイソン(ケビン・ジョナス)は、その悪いイメージを払拭すべく、シェーンをロック講師として夏の音楽キャンプ"キャンプ・ロック"へ送り込む。
 一方、ロックシンガーになる事を夢見る少女ミッチー(デミ・ロヴァート)は、"キャンプ・ロック"に参加することを切望していたが、家の事情であきらめていた。そんな時、母親が"キャンプ・ロック"の厨房でコックとして働くことになり、その手伝いをする条件に、ミッチーも憧れのキャンプに参加できることに!

 期待に胸をふくらませてキャンプ・ロック初日を迎えるミッチーだが、キャンプに到着するや否や、参加者同士の激しい競争を目の当たりにする。みんな、この夏のセレブ講師であるポップスター、シェーンの目に留まろうと必死なのだ。そんな参加者たちの勢いに圧倒されつつも、ミッチーは歌を愛する気持ちを胸に一人ピアノ部屋で歌う。そんな時、ひょんな事からシェーンがミッチーの歌を耳にする。シェーンは、その歌声に心を奪われた。その声を持つシンデレラを探し求めるのだが…。


 まず、歌が良いです。[るんるん]



 やっぱり『This is me』が一番好き[ぴかぴか(新しい)]

 
 
 This is real This is me
I'm exactly where I'm supposed to be now
Gonna let the light shine on me
Now I've found who I am
There's no way to hold it in
No more hiding who I want to be
This is me

 結構勇気づけられます。
 今まで本当の自分を表に出すのが怖かった。
 でも、正直でなければ相手にも思いが伝わらない。

 『Gotta find you』もなかなか良いです[るんるん]

 


 You're the voice I hear inside my hand
The reason that I'm singin'
I need to find you
I gotta find you
You're the missing piece I need
The song inside of me
I need find you
I gotta find you

 気付かされた音楽の大事さ。
 その歌声を僕は探し続ける。



 『キャンプロック』に続編が出るそうです。


 楽しみだなぁ。
nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

その3 『ハイスクール・ミュージカル』 [批評-TV映画]

内容紹介
学校が、ステージだ!
歌おう!踊ろう!全米で社会現象を巻き起こした大人気ドラマ!

■2006年1月にアメリカで放送され、その後、計16回の放送で全米視聴者数約4260万人!(2006年1~11月)
■2006年末までに世界100か国で放映され、約1億40万人が見た超人気作品!
■単純明快なストーリーと心に残る歌と楽しいダンスで、全米で社会現象に!
■サウンドトラックは全米で370万枚、2006年売上げNo.1!世界でも650万枚を記録!ビルボードチャートで7週連続1位を獲得し、プラチナレコードとして認定される大ヒット!
■主役を務めるヴァネッサ・アン・ハジェンスはソロ・デビューし全米・日本でもで大ブレイク!アルバム「V」が大好評!
■2007年夏に米国ディズニー・チャンネルにて続編を放送予定、2008年には劇場公開作品も登場予定!

イースト高校バスケ部のキャプテンで学校の人気者のトロイと、数学界の天才で優等生のガブリエラ。
二人は偶然にも大晦日に訪れた家族旅行先で出会う。
子供だけのカウントダウン・パーティに親に無理やり出席させられた二人は、抽選によりカラオケでデュエットすることに。
嫌がっていた二人だが、歌ってみると、今までに感じたことのない楽しさを知り、そして、お互い好意をもち始める。
新学期が始まると、なんと、ガブリエラが、トロイの通う高校に転校生としてやってきた。
すっかり歌うことの楽しさに目覚めた2人は、親友の反対を受けながらも、学校で開催されるミュージカルのオーディションを受けることに!
しかし、本当に二人の邪魔をしようとしているのは・・・学校で常に主役を演じてきた姉弟のシャーペイとライアンだった!
それぞれが殻を破り、新しいことに挑戦する中で巻き起こる奮闘や友情の大切さを、ミュージカルタッチに気持ちの良い音楽にのせて展開する本作は、軽快ながら心に残る物語です。(amazon.co.jp)


 全てはここから始まった!

 



 「始まりの予感」やっぱ良いですねぇ[るんるん]

 この作品を観たら子どもたちは「アメリカの高校へ行きたい!」とだだこねて言いそうです。


 初めて観たときは衝撃的でしたww

 青春のすべてを圧縮したTV映画。それと歌とダンスがかっこいい。


「あなたといた時」↓
 

 このバラード曲、好きです。

 ちょうどこの頃は高校生だったので、共感する部分がたくさんありハマッてしまいました。

もう時間なので失礼します[ダッシュ(走り出すさま)]
nice!(21)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

その4 『ハイスクール・ミュージカル2』 [批評-TV映画]

内容紹介
バケーションを、トゥギャザーしよう。
全米での大ヒットを皮切りに、世界100カ国で放送され、
社会現象を巻き起こしているディズニー・チャンネル・オリジナル・ムービー、待望の続編


<ストーリー>
待ちに待った夏休みがやってきた!バケーションを満喫できる楽しいアルバイト先を探す、トロイとガブリエラたち。そんなトロイになんと超豪華カントリークラブでのアルバイトの採用が!喜ぶトロイだったが、実はこのカントリークラブはシャーペイの親が経営していて、シャーペイ&ライアン姉弟が毎年バカンスを楽しむ場所だった・・・。ガブリエラからトロイを引き離し、一緒に夏を過ごそうと考えたシャーペイが支配人のフルトンに命じてトロイを採用させたのだ。ところが、そんなことは知らないトロイはガブリエラ、チャド、テイラーの仲良しメンバーとワイルド・キャッツのメンバー全員を雇ってもらえるように話をつけてしまった。これを知ったシャーペイは激怒!このクラブでは、毎年、彼女が独占して優勝してきたタレントショーが開催されている。今年は、トロイと一緒にこのショーに参加しようと思っていたシャーペイは、邪魔なガブリエラも一緒にきたことを知り、何としても二人を引き離そうと画策するのだが・・・・。

今、何時だ?「ハイスクール・ミュージカル2」の時間だ。2007年8月17日に放映されて以来、最も人気のあるケーブル番組の定番となった、ディズニー・チャンネルの大ヒット作の続編だ。学校が終わり、トロイ(ザック・エフロン)とガブリエラ(ヴァネッサ・ハジェンズ)は、思い出に残るような夏を楽しみにしている。しかしトロイは大学に行くためのお金も作らなくてはならない。そんな時、自称イースト高校で一番人気の女の子シャーペイ(アシュレイ・ティスデイル)が、一番人気の男の子トロイに目をつけて、自分の両親が経営するカントリー・クラブで働かせてくれることになった。ガブリエラやほかのワイルドキャッツのメンバーも働けることになり、トロイにとって言うことなしに思えたが、クラブのマネージャー(マーク・テイラー)たちにひいきされたために、あらゆる人間関係がまずいことになっていく。
 あのオリジナル・ムービーのみんなが戻ってきた。ザックの親友チャド(コービン・ブルー)も、シャーペイの弟ライアン(ルーカス・グラビール)も、ガブリエラの友だちテイラー(モニーク・コールマン)も。ヒットしたサウンドトラックの歌も、オリジナルと同じように流れて、ノリがいい。トロイとガブリエラのデュエット(「あなたは私の心の音楽」後半ではロック調のシャーペイバージョンになる)、スポーティなヒップホップのナンバー(「ダンスなんてごめんだ」ただし今回はバスケットボールのコートではなく野球のダイアモンドが舞台だ)、ガブリエラの嘆きの歌(「もう行くわ」)、クライマックスのステージ・デュエット(「エヴリデイ」)、そして大勢で歌う最後のナンバー(「みんなひとつ!」)などだ。しかし、この続編は単なる現状維持にとどまらない。その他の曲の中には華やかなオープニング曲(「ホワット・タイム・イズ・イット」)、シャーペイのプールサイドの曲(「ファービュラス」)、パーカッションの効いた合唱曲(「切り抜けるんだ」)、そしてザックのソロ(「自分を取り戻せ!」)などがある。ダンスはさらに派手になり、過酷なまでにダイナミックで、また壮観でもある。また、「さあショーを始めよう」というアングルはサブプロットに過ぎず、ロマンスが前面に押し出されてきている――つまり「ハイスクール・ミュージカル」は、その純粋さをやや失ったと言える。しかし、それでもすべての年齢層の若者にとって楽しめるテレビ番組であることには変わりない。観察眼の鋭いディズニー・チャンネルのファンは、「シークレット・アイドル」のマイリー・サイラスがエキストラで出演しているのを見逃さないだろう。(David Horiuchi, Amazon.com)

↓オープニング




今回も元気あふれる青春ミュージカルです!
二作目は一作目と少し登場人物の立場が反対になる話だ。
そう、主人公・トロイの心境が揺らぐのだ。
それでガブリエラとの距離が開いてしまう。
チャドたちの友情も離れていく。



↓この曲、メチャクチャ好きです[ぴかぴか(新しい)]


二人の運命が試される・・・・・・・・・・・。


↓仲直りの歌になるのかな?


↓ALL FOR ONE!!!


青春ってあっという間に終わってしまいますからねぇ~。
これを観て「自分の青春はこうだったんだ」っと妄想するしかないです(笑)



ディズニーチャンネルでは、12月31日お昼2時から1&2を連続放送されます♪
やっと映画版『ハイスクール・ミュージカル3』が旧作になったので、観終わったら記事にしたいと思います。

卒業・・・・。
二人は違う大学に志望していたのでお互いに残り限られた時間を過ごす事になる。
はたしてどうなるのでしょうか?
楽しみです[るんるん]

でも、また続編の動きが見られるので今度は誰が主役?と、ふと疑問に思った。


ハイスクール・ミュージカル 1&2セット (期間限定) [DVD]

ハイスクール・ミュージカル 1&2セット (期間限定) [DVD]

  • 出版社/メーカー: ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント
  • メディア: DVD



ハイスクール・ミュージカル2 プレミアム・エディション [Blu-ray]

ハイスクール・ミュージカル2 プレミアム・エディション [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント
  • メディア: Blu-ray



ハイスクール・ミュージカル/ザ・ムービー ブルーレイ・プラス・DVD セット [Blu-ray]

ハイスクール・ミュージカル/ザ・ムービー ブルーレイ・プラス・DVD セット [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント
  • メディア: Blu-ray



nice!(9)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

その5 『ウェイバリー通りのウィザードたち ザ・ムービー』 [批評-TV映画]

ようやく観られましたーーーっ!おぉ♪(〃▽〃人)

もうセレーナ・ゴメス最高[グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]
彼女の魅力がいっぱい詰まった、面白可笑しいTV映画でした[ぴかぴか(新しい)]

wikiから
ストーリー
舞台は、ルッソ一家のカリブ海旅行。アレックスは両親から「17歳になってなにをすべきか?」 と話される。それと同時に魔法の杖を取り上げ、ママとけんかする。ムシャクシャしたアレックスは「両親が出会わず結婚しなきゃよかった」と願う。すると、願いがかなった。それと同時に、両親はアレックスや息子のジャスティン、マックスを忘れる。ジャスティンは冗談と思い、パパにいままでの思い出についてきいたが何も知らなかった。でも、昔魔法の力を持っていたパパはママに出会っていないので魔法の力が戻っていた。そして、パパはどんなこともかなえる夢の石 見つけろという。アレックスたちはまたパパとママがまた恋に落ちるために石を探しに冒険にでる。


もう終始笑いっぱなしで、少しホロッとしたり。
家族ってややこしいけど、両親がいなければ自分は存在しなかった。
いつも我儘でいじわるなアレックスが素直になったところは、もうくすぐられる感じの萌えでした。
マックスの、あの天然さは暁の姉も同じくらいの天然です[わーい(嬉しい顔)]
ジャスティンも徐々に兄貴らしさが出てきて萌え~と感じさせる。

そうそう、これから3週間はTVで新エピソードが放送されるのが嬉しい。
やっぱりアレックスは小悪魔的な性格が好きです[るんるん]
ジャスティンは少し髪型を変えていましたね、そっちの方が似合っていますよ。
マックスはますます天然さが爆発しそうな予感ですねぇ。
          S-1488.jpg


評価は92点。

Wizards of Waverly Place: Wizard School (Full) [DVD] [Import]

Wizards of Waverly Place: Wizard School (Full) [DVD] [Import]

  • 出版社/メーカー: Walt Disney Video
  • メディア: DVD



Wizards on Deck With Hannah Montana (Full Dub) [DVD] [Import]

Wizards on Deck With Hannah Montana (Full Dub) [DVD] [Import]

  • 出版社/メーカー: Walt Disney Video
  • メディア: DVD



Princess Protection Program (W/Toy) (Ws Dub Sub) [DVD] [Import]

Princess Protection Program (W/Toy) (Ws Dub Sub) [DVD] [Import]

  • 出版社/メーカー: Walt Disney Video
  • メディア: DVD



nice!(19)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

その6 『キャンプ・ロック2/ファイナル・ジャム』 [批評-TV映画]

デミ・ロヴァート、改めて最高ですッ!

キャンプ・ロック2 ファイナル・ジャム [DVD]

キャンプ・ロック2 ファイナル・ジャム [DVD]

  • 出版社/メーカー: ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
  • メディア: DVD



キャンプ・ロック2 ファイナル・ジャム
今年も憧れの音楽サマー・キャンプ「キャンプ・ロック」へやってきたミッチーは、対岸にもう一つのキャンプ「キャンプ・スター」を発見する。湖を挟んだこの2 つのキャンプの対立は白熱し、どちらの音楽が優れているかをファイナル・ジャムで対決することに。ミッチーは「キャンプ・ロック」のリーダーとして忙しくなり、一年ぶりに会えたボーイフレンドのシェーンと過ごす時間が取れず、2 人の気持ちはすれ違っていく。



『源氏物語』「蓬生」のゼミ発表、何とか終わりましたッ!
まあ、今回はイマイチだったかなァ…………[あせあせ(飛び散る汗)]
これからも就活(セミナー等)のため、更新頻度は少なくなります。











続編としては、なかなかよく出来た作品ではないでしょうか。
夏の一大イベントである「キャンプ・ロック」で仲間たちと会うのを楽しみにしていると、
最近では「キャンプ・スター」という、派手な輩が対岸に現れた。
そこは一流のスターを目指す所であって、それなりに豪華でそれなりの質があった。
その日の夜に「キャンプ・スター」から「キャンプ・ファイアー」に招待されて、
その圧倒的な、確かな音楽と演出に「キャンプロック」のスタッフたちはそちらに移ってしまう。

スタッフたちがただでさえ少ない「キャンプ・ロック」は閉鎖の危機に追い込まれ、
そこでミッチーらが自らスタッフとなって「キャンプ・ロック」を支えることにする。
そして、「キャンプ・ファイアー」のお返しとして彼らの所に乗り込むが、
それが更なる壁を作ることとなってしまう。

それは、「キャンプ・ロック」vs「キャンプ・スター」という、TVで観客に投票を決めるという勝負だった。
もしも「キャンプ・ロック」が負けてしまえば、来年は行われないかもしれない。

ミッチーは掛け替えのない「キャンプ・ロック」を守るために奮闘するが、
それが逆に仲間たちの亀裂が生じてしまうキッカケになりかけてしまうのだった。


以上はネタバレになるので書きません。


大事なのは見かけや勝ち負けではない、
いかに“音楽を愛し、仲間たちと信頼し合って楽しく過ごす”か。
今回も本当に良い歌ばかりで良かったです。
それにコメディも程よく随所に敷かれているので、家族で楽しみながら最後まで観れました。



で、Youtubeで検索してみると、本編には無かったものがありました。↓

この歌も好きですッ!


今回はジョナス・ブラザーズの活躍が増えて良かったですね。
前回は所々しか出ていなかったので「???」でした。


そうそう、ただいまディズニーチャンネルで放送中の
「恋のからさわぎ」で出演しているメガン・ジェット・マーティン(キャンプ・ロックのテス役)も注目ですね。
これも面白い学校生活ドラマだけど、セレーナ・ゴメスよりもあくどい役柄ですよねぇ。
やっぱり「ウェイバリー通りのウィザードたち」の小悪魔なセレーナ・ゴメスが一番ですッ!(笑



評価は、94点。
DVD版も早く観てみたいです。


nice!(32)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

その7 『スイート16 ~キャンドルに願いを~』 [批評-TV映画]

もう少し、デビー・ライアンの魅力が欲しかった。

ディズニーチャンネル
番組内容1:子供の時から毎年誕生日に一つずつ願い事を書きためてきたアビーが、いよいよ16歳になる特別なバースデー、「スイート16」を迎える!誕生日当日、アビーは、16本のキャンドルが入った不思議な箱を手にする。それはなんと、アビーの16の願い事を叶えてくれるものだった。次々と欲しいものを手にしたアビーは、やがて、本当に大切なことに気付く。2010年。(監督)ピーター・デルイーズ.


音質・画質は粗いですが、本編です…。
また英語のみ字幕はないのであしからず。












後半部分しか見ていないけど、ようは、ティーンの時間を思う存分使え、って話ですね。
主人公は幼少の頃から大人になりたくて、自分で何でも手にしたいと心からそう強く思っていた。
16歳の誕生日に、ひょんなことで「16の願い事を叶うキャンドル」を手に入れることに。
そこで自分の願い事リストを使って、キャンドルに灯を点して願いをかけるとその通りになる。
しかし、ふとした願い事から自分の願いとは違った結果が生じ、
自分の思い通りにならない事、大人になることの大きな責任・不安を抱えることで惨めな気持ちに…。
そして、本当に大切なことに気付いていく、というよくありがちな展開。

『スイート・ライフ オン・クルーズ』のベイリー役、デビー・ライアンが主演したTV映画。
彼女はハンナ・モンタナことマイリー・サイラスよりは遥かにマシだと思っているんだけど、
本作品で微妙に(デビーのファンには申し訳ないが)老けているように見えたが、気のせいか?
個人的には小悪魔なセレーナ・ゴメスが好きだけど………。


評価は76点。
もう少し彼女の魅力を引き立ててほしかったです。

nice!(23)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog
批評-TV映画 ブログトップ
暁のファン募集中です☆ ヨロシクです(^^)/~~~

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。