So-net無料ブログ作成
検索選択

人類は何処から? [科学]

中国人は「アフリカ単独起源説」を覆そうとしている?―英誌

2009年11月5日(木)11時49分配信 Record China

3日、英科学誌は「中国人は『アフリカ単独起源説』を覆そうとしている」と報じた。中国南部で発見された11万年前の早期現生人類の化石は恐らく人類のアフリカ起源説に挑戦状を叩きつけることになる、との説を紹介している。写真上海万博のアフリカ館。


                    view-rcdc-20091105009-world.jpg

2009年11月3日、英科学誌『ニュー・サイエンティスト』(電子版)は「中国人は『アフリカ単独起源説』を覆そうとしている」と題した記事で、中国南部で発見された11万年前の早期現生人類の化石は恐らく人類のアフリカ起源説に挑戦状を叩きつけることになる、と報じた。4日付で環球時報が伝えた。

中国科学院古脊椎動物・古人類研究所(IVPP)の金昌柱(ジン・ジンジュー)教授らのグループは先週、中国南部の広西チワン族自治区で11万年前の早期現生人類のものと見られる下あごの骨を発見したと発表した。もしこれが確実であれば、この発見はアフリカで進化した原人が他の大陸に移動し、各地でヒトへと進化を遂げたとする「多地域進化説」を支持する有力な証拠になるだろう。研究結果をまとめた論文は今月末、中国の学術誌「中国科学通報」に掲載される予定。

「多地域進化説」の支持者であるミシガン大学のミルフォード・ウォルポフ教授は、「(論文は)アフリカ単独起源説を覆すものになる」と期待を寄せる。一方、ロンドン自然史博物館の人類学者、クリス・ストリンガー氏は「今の段階で判断を下すのは時期尚早。中国まで活動範囲を広げていたネアンデルタール人と関係があるだけかも知れない」と話している。(翻訳・編集/NN)




 人類の誕生は何処から来たのか・・・・・・・・。

 ある意味で永遠の課題のようなこの問題。個人的にはヒトはサルとはまた別から誕生した生き物だと思っている。この間、スペシャルで放送していた「世界まる見え特捜部」の人類誕生を扱ったドラマがあった。最初は知識を保有していなかったが、環境が変わるにつれて進化し、やがては仲間意識が強まり、知識も見返りを求めない感情も培われてきた。そして現代のヒトと近いネアンデルタール人が現われる。
 興味深い論争が起きそうだ^^b
 楽しみ[グッド(上向き矢印)]

不可思議 2 [科学]

世界初!自転と逆向きに公転する惑星を発見

2009年11月5日(木)5時12分配信 読売新聞

               thumb-yomiuri-20091105-00054-headline.jpg

 中心の恒星が自転する向きと逆方向に公転している惑星が、世界で初めてみつかった。国立天文台やマサチューセッツ工科大学などのグループが4日、発表した。

 国立天文台のすばる望遠鏡による観測成果で、惑星系の進化を考えるうえで重要な手がかりになるという。

 発見された逆行惑星は、はくちょう座の方向に地球から約1000光年離れた恒星の周囲を回っている「HAT―P―7b」。恒星の前を横切る惑星の動きを詳細に観測して逆行がわかった。この惑星は木星の1・8倍もの重さがあり、恒星のごく近くをわずか2・2日で1周していた。

 惑星は、円盤状に分布したちりやガスが中心の恒星と一緒に回転しながら誕生したと考えられている。したがって、惑星は恒星の自転と同方向に周回するのが標準的とされており、太陽と太陽系の8惑星の関係もそうなっている。

 しかし、惑星系が進化する過程では、巨大な惑星同士が互いにはじき合うことなどにより、逆行惑星が誕生することもあるはずだとみられていた。このため、世界中で逆行惑星を探していた。

 国立天文台の成田憲保・日本学術振興会特別研究員は「惑星進化の仮説を裏付けるためにも、逆行惑星の誕生に影響したと考えられる巨大惑星などをみつけたい」と話している。


 凄いですよ、世界初見つけたんですから[ぴかぴか(新しい)]
 法則と言うものは必ずしも常識では無い。常識を逸脱したところに“真実”があるのだろうなぁ。


 やはり常識に囚われてはダメだ!

火山雷かぁ [科学]

噴火に伴う新種の火山雷を発見?

2010年2月8日(月)14時15分配信 ナショナルジオグラフィック


 
 新しいタイプの火山雷と思われるものが発見された。長い間この稲妻の存在が気づかれなかったのは、この稲妻が全長1メートルと短く、わずか数ミリ秒しか光らないからだ。しかし、アラスカのリダウト山で最近発生した噴火を高度な機器で2カ月間観測した結果、ほんのわずかな閃光がついに確認された。

 2009年1月末にリダウト山が噴火の兆候を示し始めると、アラスカ火山観測所の火山地震学者スティーブ・マクナット氏らの研究チームはリダウト山の火道近くに大急ぎでさまざまな機器を設置した。この素早い取り組みが功を奏し、2009年3月にリダウト山が噴火した際には、これまで得たことのなかったデータを採取することができた。

 マクナット氏は、2006年にアラスカのオーガスティン山が噴火したときにも同じような閃光を目撃しており、リダウト山のデータはこうした稲妻の存在を裏付けるものだとしている。

 火山雷は今回発見されたもの以外にも2種類あるとマクナット氏は説明する。1つは巨大で壮観な“自然の花火”で、噴火を伴うことがある。もう1つは火山の火道から上空に向けて放たれる中型のもので、全長が約3キロに達する。

 同氏によると、今回発見された稲妻よりも大きく、明らかに稲妻とわかるこの2つのタイプの稲妻は、帯電した灰を含む火山プルーム(噴煙)が水滴や氷の粒子と反応して発生し“汚れた雷雨”を引き起こす。

 一方、今回発見された小さな閃光がどのように発生するのかはわかっていない。同氏によれば、マグマに含まれるシリカが帯電し、これが地殻から飛び出した際に大気に触れることで閃光が起こる可能性が考えられるという。

 しかし、ゲインズビルにあるフロリダ大学に所属する稲妻の専門家で、リダウト山の研究には参加していないマーティン・ウマン氏は、この閃光は本当に新しいタイプの稲妻とは言い切れないと指摘する。基本的にどのような放電現象も稲妻と呼ばれており、科学的な定義がないからだ。ドアの取っ手に触れたときに感じる静電気のショックから、木星の乱流大気を照らし出す巨大な稲妻まで、どのような閃光も稲妻と見なすことができるという。

 ただし、こうした曖昧さは悪いことではないと同氏は言う。「稲妻と呼ぶほうがかっこいいし、科学者もそう思っているよ」。

 呼び名が何であれ、火山の火道近くで発生する小さな閃光は人間の安全に役立つ可能性があるとウマン氏は付け加える。噴火が近づく兆候(先行事象)を火山が示せば、火道の近くに機器を設置して、噴火が始まるときの閃光を検知できる。そうすれば、関係当局に対してより素早く警告が出せるだろうという。

 このような警告が出せれば、航空管制には欠かせないものとなるだろう。火山から噴出する灰は飛行機のジェットエンジンにとってとりわけ危険だからだ。

 その上、稲妻という現象には美的楽しみもある。火山の稲妻はどのようなものであれ「実に壮麗」だとウマン氏は言う。「火山の稲妻はわれわれにとって最高の自然現象の1つなんだ」。

Christine Dell'Amore for National Geographic News


 火山雷って何故起きるのかハッキリ解明できていないのですよね。
 大変魅力的ではあるが、また大変畏怖な思いもさせられる。
 以下の写真は本記事と関係ありません。

20080525035217.jpg
diary_341_13181_2.jpg
funkasaigai07.jpg
skr88_0217.jpg
tumblr_kw34inQFo41qz7yifo1_500.jpg
volcano-thunder-03.jpg

知的美人? [科学]

アン・ハサウェイは素粒子オタク!趣味は物理学の教科書を読むこと

2010年2月8日(月)22時7分配信 シネマトゥデイ

         2a8864fb.jpg
         アン・ハサウェイ

 アカデミー賞ノミネート女優のアン・ハサウェイが、実は隠れオタクで、普段は科学誌を読んだり、原子について学んだりすることが好きで仕方がないと語った。

 「素粒子にとても興味があるの。宇宙の中に時間と空間が存在することについて考えるのが好き。暇さえあれば物理学の本を読みふけっているわ。また、原子と亜原子レベルの素子によってすべてのものが作られていることにも興味をそそられる。あなたもわたしも、このビルも、わたしたちの魂も頭脳もね」と語る。

 アルバートアインシュタインについての本にも没頭しているというアンは、説明をしてくれる科学者とぜひ友達になりたいと考えているよう。「今はアインシュタインについてたくさんの本を読んでいるわ。ひも理論を理解したいの。誰かわたしにクォーク(物質の基礎単位と考えられている理論上の粒子)の説明をしてくれる人はいないかしら!」と興奮気味にイギリスのGQ誌に語っている。(BANG Media International



 素粒子って不思議ですよね!?
 人間も細かく砕けば原子だし、もしかしたら人が壁から通り抜けられるかもしれない。
 またどのようにしてビッグバンが誕生したのかもこういった分野が関わってくる。

 アインシュタインの『特殊相対性理論』や『一般性相対理論』を天文学(米山忠興先生の講義)で習ったが、
 宇宙の膨張は本当に驚くほど壮大な現象だ。
 ハッブルの法則に「遠くの銀河は我々からの距離に比例した速さで遠ざかっている」という。
 1Mpc(メガパーセク pcは天文学の単位。1pcで恒星と恒星との間の平均距離、1Mpcは銀河と銀河との平均距離)離れた銀河は平均して秒速50km、2Mpc離れれば秒速100kmの速さで我々から遠ざかっていると言われている。この瞬間でも他の銀河は何百キロも均等に遠ざかっているのだ。宇宙のスケールさにただただ驚かされる。
 
 科学に興味を持つことはいいことだ。
 日本の学力も理数が落ちているから(最近上がっているらしい)、
 身近な疑問を科学で考えるのも一つの向上心に繋がると思う。
教養のための天文学講義

教養のための天文学講義

  • 作者: 米山 忠興
  • 出版社/メーカー: 丸善
  • 発売日: 1998/05
  • メディア: 単行本



空と月と暦―天文学の身近な話題

空と月と暦―天文学の身近な話題

  • 作者: 米山 忠興
  • 出版社/メーカー: 丸善
  • 発売日: 2006/01
  • メディア: 単行本



非常に稀な公転 [科学]

公転周期わずか5分の超高速連星系

2010年3月15日(月)17時11分配信 ナショナルジオグラフィック

           white-dwarf-spiral-wd-03-ga.jpg


 2つの白色矮星が互いに周回する連星系、かに座HM(RX J0806.3+1527、J0806)の想像図。I
  mage courtesy Tod Strohmayer and Dana Berry, NASA


 超高密度の2つの星が、手を取り合うように1周わずか5.4分で公転していることがわかった。確認されている連星系の中では最速の周回スピードだ。軌道計算の結果、このペアは秒速500キロで移動していることになる。「かに座HM(RX J0806.3+1527、J0806)」と名付けられており、互いの距離も連星系の中で最も近い。

 どちらも白色矮星(はくしょくわいせい)で、太陽と同程度の恒星の成れの果ての姿である。白熱する高密度の天体で、互いの距離は地球の直径の8倍程度(およそ8~9万キロ)しかない。両者ともごく狭い空間に収まっているため、間を高熱のガスが流れ、大量のエネルギーがやり取りされている。

 研究チームの一員でイギリスにあるウォーリック大学のダニー・スティーグス(Danny Steeghs)氏は、「白色矮星ペアの存在は非常に稀だが、これは最も極端な例だ」と話す。

 研究チームを率いたハーバード・スミソニアン天体物理学センターのジィズ・ローロフス(Gijs Roelofs)氏は1999年に、かに座HMからの周期的なX線放射を発見したチームの一員でもある。当時の観測データにより、5.4分で1周する天体だとわかったが、2つの恒星が周回しているのか、あるいは1つが超高速で自転しているのか判然としなかった。

 ローロフス氏の研究チームは、白色矮星のペアが超高速で周回していると考え、ハワイのW・M・ケック天文台にある大口径の地上光学望遠鏡を利用することにした。世界で2番目に大きい目で、連星系の明るさに生じる“ゆらぎ”を観測するためである。

「ゆらぎの振幅から、星の軌道周期と質量を計算できる」と前出のスティーグス氏は話す。さらに、かに座HMからの光放射はそれぞれ反対の方向に移動しており、そのデータから周回する2つの天体、つまり連星と証明された。

 スティーグス氏は、「まったく記録破りの周回スピードで、これ以上速く、また少しでも互いに近づいたら、ペアは合体して超新星Ia型という大爆発を引き起こすことになる」と話す。「白色矮星の連星系の場合、理論的に1周3分が限界値だろう」。

 今回の研究成果は「The Astrophysical Journal Letters」誌の2010年3月10日号に掲載されている。

James Owen for National Geographic News



なかなか興味深い記事です。
一歩間違えば大爆発は間違いないけど、不可思議さに魅了されます。
こう考えると、生命のバランス(原子の成り立ち)もこのような形で活動しているのかも[ぴかぴか(新しい)]
(↑あくまで妄想です)
暁のファン募集中です☆ ヨロシクです(^^)/~~~

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。