So-net無料ブログ作成

増えすぎた大学、質低下の大学 [社会問題]

まあ、なんの雑誌か忘れたけど、亀有のとある本屋で立ち読みして気になった記事がある。

日本は国立や私立大学など設立しすぎて、少子化もあり、財政危機に陥ってるという。
(↑昔から懸念されていた事項だと思うが……)
それで一般入試がどんどん減ってきてしまって、変わりにAO・推薦入試で入学する学生が増えてるとか。
自分も推薦入試で入学したけど、確かに勉強してなかったからマズイ状況なんですよねぇw

大学は学生の激しい奪い合いの競争が増し、存亡の危機が根の元から揺らいでいるとのこと。
都内の有名私立大学でも財政危機に陥り躍起になっている。
しかし大学進学率が5割を占める割には、先進国に比べて自己負担がまだまだ大きい方だ。
奨学金も悪質な金融機関みたいに成り果て、就職に就けず、返済に困っている卒業生が多い。
終いには、借りた奨学金の2倍以上を払うことになってしまったケースも起きている。

そのような状況なのに、財力を持つ者は東大に簡単に入学し、
そうした肩書で楽に就職しているのも現状だという。
東大も東大で、そのような人を“学生”ではなく、“お客様”扱いで講義しているのだと。
これでは中国人留学生になめられるのも無理はない。
(※しかし、いま現在では東大生でも就職するのは難しいと一部で報道されている)

また、競争力の激化と共に、大学での講義の質の低下が問題になっている。
それは楽に入学した学生らで、自分で考える事もなく、ただ講師や教授に質問するだけだそうで。
講師や教授も高校からのおさらいから始まって、時間を経過させてから本題に入るそうだ。
そんなんじゃ時間がもったいない。
高校の延長線じゃないんだから、大学はッ!

暁が通っている大学はそうではないですね。
「今日の講義の要点を挙げてください」
なんて言ったら、教授は確実に「自分の頭で考えなさいッ!」と返答するだろうな。
自分だったら、きちんと講義を聴講してノートを取り、
解からないところがあれば、その教授のHPで調べたり、大学図書館で熟読したり、
それでも解からないときに、ようやく教授に直接質問に至ります。
教授も教授なりに忙しいですからね。

それと、その雑誌が全国の私立大学財政ワーストランキングを作成したそうで、
自分の通っている大学は果たして大丈夫か見てみました。
見てみたら、最後から30校以内に入っていたので、しばらく安泰のようです。
まあ、確かに驕らないほうだし、教育が上手な教授ばかりだし。
大学の精神が
「諸学の基礎は哲学にあり」
「独立自活」
「知徳兼全」
なので、ほとんどの学生は謙虚で主体的な性格ばかりですね。
偏差値はちょいアレだけど、中身は他の大学よりも負けない質の高さだと確信しています。
もちろん、他の大学も素晴らしい建学の精神を兼ね備えています。

ただ、やはり高学歴だと過信して驕り高ぶり、心を磨かない学生は、
いくらもっともな意見を持っていたとしても、人の心を動かすことはないですね。
苦労を伴わなければ動かせない事だってあるんだから。



って、偉そうなこと言えないけどね。(苦笑)

nice!(19)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 19

コメント 1

?

謙虚で主体的な性格、ってどういう性格だよ。矛盾してねーか?
学生によくある、わかったふりか・・
by ? (2012-11-06 13:07) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

暁のファン募集中です☆ ヨロシクです(^^)/~~~

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。